出典:Gareth Lowndes/shutterstock.com

ルート66の発祥地、ミズーリ州・スプリングフィールドを観光!

B! LINE

アメリカの内陸中東部に位置するミズーリ州は、アイオワ州やイリノイ州、カンザス州などと接するのどかで美しい州。今回紹介するスプリングフィールドは、そのミズーリ州の南西に位置する人口約15万人の中規模商工業都市です。

旧国道であるルート66が通っていた町としては超有名で、跡地を訪れる観光客は後を絶ちません。さらに、俳優ブラッド・ピットが育った地としても知られてます。そんなスプリングフィールドにはどんな観光スポットがあるでしょうか?一緒にチェックしましょう!

ルート66の発祥地、ミズーリ州・スプリングフィールドを観光!:目次

目次を全て表示

1.ナサネイル・グリーン公園

ナサネイル・グリーン公園は、スプリングフィールドの南西に広がる美しい公園。公園内にはサウス川が流れていて、ドラムマンド湖に訪れる観光客を癒してくれます。

ナサネイル・グリーン公園内には多くの観光スポットがあり、バタフライガーデンやアイリスガーデンなどと名付けられたテーマ別のガーデンが楽しめ、約54エーカーの公園を散策することが可能。小さな子供のための遊具エリアや噴水などもあり、ピクニックやハイキングを楽しむカップルや家族連れで常に賑わっています。

公園の北東には美しい日本庭園もあります。「ミズモトジャパニーズストロールガーデン」と名づけられたこの庭園は、スプリングフィールドが群馬県伊勢崎市と姉妹都市提携を結んだことを記念して造園されました。他のエリアとは一風変わった日本庭園が見られるので訪れる観光客も多いです!

2.ファンスタティック・カバーンス

出典: E Burk

スプリングフィールドの北の外れにあるファンスタティック・カバーンスは、1862年に発見された大洞窟。自然の姿のままの洞窟をじっくりと観察できる貴重な観光スポットです。美しく幻想的な洞窟を観察する方法はジープ型のトラムカー。歩いて回るのではなく、オープンタイプのトラムカーに乗りながら楽しいガイドを聞いて洞窟を見学します。体の不自由な人や高齢者、小さな子供連れの観光客も無理なく観察できるので人気です。

また、アドベンチャーツアーやサマーディスカバリーなどのイベントも好評で、洞窟の特徴やしくみについて楽しく学べます。ガイドスタッフが明るく楽しく説明するので、質問にも丁寧に答えてくれます。話す内容は全て英語なので、苦手な人は事前に勉強しておきましょう!