アラビアンナイトが奏でる街!イエメンの世界遺産サナア旧市街

画像出典:haomin / PIXTA(ピクスタ)

アラビアンナイトが奏でる街!イエメンの世界遺産サナア旧市街

目次

アラビアンナイトが奏でる街!イエメンの世界遺産サナア旧市街

サナア旧市街のおすすめ①:レンガ造りの建物

出典: javarman / PIXTA(ピクスタ)

世界遺産サナア旧市街の建物は、全てレンガで構築されているのが特徴です。レンガが使われるようになったのはメソポタミア文明の時代といわれ、当初は日干しレンガが主流でした。紀元前3000年ごろからより強度のある焼成レンガが造られるようになり、大型の建物が造れるようになったのです。

サナア旧市街の建造物はこの焼成レンガで造られたもので、イエメン様式とも呼ばれています。崖の上に建つ家々と石畳の道のコントラストは、レンガならではのすばらしいものです。サナアのレンガ建築物は、内側には一番厚い日干しレンガを用い、外側に焼成レンガを使用するという方法がとられています。ただ、レンガの焼成には大量の薪を使うので、近年は森林伐採が環境問題となっています。

世界遺産の旧市街には6500棟の民家のほか、106棟ものモスクが立ち並んでいます。いずれもイエメン様式のレンガ造りで圧巻されます。窓にはカマリアと呼ばれる採光のための小窓が付いていますが、白色の窓とレンガの赤が絡み合い、町並みをいっそう鮮やかに彩っています。

また、城壁に囲まれた旧市街にはブスターンという共同菜園があります。これは、敵が襲ってきても籠城生活ができるように造られたもので、実際に戦時には自給自足の生活が送られていました。戦いに備えた工夫は一般の家屋にもみられ、敵が城内に侵入しても家族を守れるようにひときわ高い位置に居住スペースが設けられています。

サナア旧市街のおすすめ②:夜景

出典: javarman / PIXTA(ピクスタ)

世界遺産のサナア旧市街はもちろん昼間散策しても素晴らしい景色ですが、夜にはさらなる絶景を拝むことができます。日が傾くと街の家々に明かりが灯りはじめます。マッチ棒で少しずつ火を付けていくような感動的な瞬間が、訪れる人々を優しくもてなします。

そして辺りが真っ暗になると、サナアの旧市街だけが別世界のような風景に変わります。サナアの夜は言葉では言い表せない絶景!まさしくアラビアンナイトそのものです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イエメンでおすすめの記事

イエメンのアクセスランキング