アラビアンナイトが奏でる街!イエメンの世界遺産サナア旧市街

画像出典:haomin / PIXTA(ピクスタ)

アラビアンナイトが奏でる街!イエメンの世界遺産サナア旧市街

アラビア半島南西部に位置するイエメンの首都サナア。標高約2,300mと首都としてはかなりの高地にあり、また世界で最も人口の増加が急速に進んでいる都市でもあります。拡大を続けるサナアの中心にある城壁に囲まれた旧市街は、2500年以上も前から続く古い都市。そのためサナアの旧市街は、1986年に世界遺産に登録されました。

サナアは古代から交易で栄えていたものの、その反面数々の抗争にも巻き込まれてきました。被害を避けるために、サナア旧市街にはたくさんの工夫が施されています。ジャンビーヤと呼ばれる小刀を腰紐に差した男性と、黒いマントで全身を隠すように覆っている女性たちが今も見られるイエメンの街。この記事では世界遺産サナアの見どころをご紹介しましょう。

目次

アラビアンナイトが奏でる街!イエメンの世界遺産サナア旧市街

サナア旧市街とは?

出典: Taka / PIXTA(ピクスタ)

世界最古の街とも呼ばれるサナア旧市街には、『旧約聖書』に登場するノアの息子セムによって創建されたとする伝説があります。同じ旧約聖書でユダヤ人の祖とされているエベルの子孫ウザルにちなみ、サナアの町は古くは「アザル」と呼ばれていました。

紀元前後ごろには、現在と同じ「サナア」になったと考えらえれています。サナアとは、南アラビアの言葉で「堅牢な要塞」という意味。すなわち、このころにはすでに城壁に囲まれた都市であったと考えられます。6世紀にかけては、紅海を通じた海洋交易や陸路での隊商交易のルートを巡り、アラビアのヒムヤル王国とアサバ王国、そしてアフリカ大陸のアスクム王国が領有をめぐって争いました。

1918年にイエメン王国が成立するまで、サナアはその時々のイスラーム国家に支配され、地域の中核都市として機能しました。イエメンが独立して以降、サナアは今日までその首都であり続けています。

サナア旧市街へのアクセス

日本からサナア国際空港への直行便はないので、イスタンブールやドバイ、ドーハなどを経由する必要があります。

イエメンには鉄道はないので、空港から市内へはバスやタクシー、そしてダッパーブと呼ばれる乗り合いのミニバスを利用します。世界遺産のサナア旧市街は、徒歩で十分回れる広さです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イエメンでおすすめの記事

イエメンのアクセスランキング