大自然の宝箱!世界遺産「ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ」

画像出典:www.istockphoto.com

大自然の宝箱!世界遺産「ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ」

ジャマイカ島の美しい自然の宝庫「ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ」。ブルーマウンテンと言えば真っ先に思い浮かぶのはコーヒーでしょうか。でもコーヒーだけではありません。

緑が生い茂る広大なその山脈と山地には、多種多様な生き物が生息しており、その豊かな自然が認められ、2015年に登録されたジャマイカ初の世界遺産なのです。
そしてこの山岳地帯には、逃亡奴隷の子孫たちの文化も残っており、自然遺産と文化遺産の両方の要素を持つ複合遺産として登録されています。

散策するだけでも心が洗われるような山々。今回はそんな世界遺産、「ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ」のおすすめポイントをずべてご紹介します!

目次

大自然の宝箱!世界遺産「ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ」

目次を閉じる

「ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ」とは

出典: commons.wikimedia.org

大アンティル諸島の中で3番目に大きな島、ジャマイカ島。そこにそびえたつ標高2256mのブルーマウンテンを含む山脈と、その隣接するジョン・クロウ山脈を含む国立公園で、2015年に世界遺産として登録されました。

その面積はジャマイカ島の20%をも占めています。この「ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズ」は自然と文化の複合遺産であることが大きな特徴です。

自然遺産としての評価は、多種多様の植物相と動物相。暖かく、雨の恵みも豊富なジャマイカ島の環境のおかげで、1,357種の開花植物やスパニオラチャツグミ、タイランチョウといった世界的にも重要な鳥などが生息しています。

植民地時代に逃亡した奴隷、マルーンたちの文化を残した文化的遺産でもあることも世界遺産に登録された理由です。

このブルーマウンテン山脈とジョン・クロウ山地は、スペインからの入植者たちに、奴隷として扱われていたアフリカ系奴隷や先住民たちの避難所となりました。その後、独自の文化や山々を神聖視する宗教思想などが生まれていきました。このマルーン文化は今日も根付いていおり、伝統医学、舞踊、儀式などが残っています。

ブルー・アンド・ジョン・クロウ・マウンテンズへのアクセス

日本からジャマイカの首都キングストンの「ノーマン・マンレー国際空港」への直行便はありません。アメリカやカナダを経由するのが一般的で、所要時間は20時間半ほどです。
キングストンからブルーマウンテンへは車で約1時間。キングストン発のツアーを利用するのも便利でオススメです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ジャマイカでおすすめの記事

ジャマイカのアクセスランキング