メカ好きにはたまらない!ベルギーの世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフト」

画像出典:Pecold

メカ好きにはたまらない!ベルギーの世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフト」

ベルギーには100年以上も前に建設された船舶エレベーターがあります。それが「中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエールおよびル・ルー(エノー)」で、世界遺産にも登録されています。高低差を解消するために船舶用エレベーターを建設するという技術力の高さと、それによりベルギーから海外への輸出がスムーズにできるようになったという歴史的な重要性で知られる観光スポットなんです。今回はそんな世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエールおよびル・ルー(エノー)」をご紹介します。

目次

メカ好きにはたまらない!ベルギーの世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフト」

中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエールおよびル・ルー(エノー)とは?

出典: Pecold

「中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエールおよびル・ルー(エノー)」とは、ベルギーのエノー州にあるラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河に開設された4つのリフト及びその周辺にある設備や橋のことで、1998年に世界遺産に登録されました。

元々マース川とスヘルデ川のドックを連絡し、ベルギー経由でドイツからフランスへ直通させるために作られたサントル運河。しかしこの二つの川には高低差があることが問題視されていました。その問題を解決するために1888年に開設されたのが水力式の船舶昇降機(ボートリフトのエレベーター)であり、このリフトによってベルギーから運河をつかいフランスやオランダ、ドイツに直接輸送することが可能になりました。

このようなリフトは19世紀末から20世紀初頭にかけて8基建造されましたが、世界遺産に登録された4基は建造当時のままで稼働しているものなんです。なお2002年からは1基で全高低差を解消する世界最大級のボートリフト「ストレピ=ティウ船舶昇降機」が完成し、世界遺産に登録された4基のボートリフトは観光用として稼働しています。

中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエールおよびル・ルー(エノー)へのアクセス

世界遺産「中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエールおよびル・ルー(エノー)」は、ベルギーの南部にあるワロン地方のエノー州に位置します。エノー州の州都であるモンスから車で約20分ほどの時間を要しますので、車で向かうか、もしくは最寄り駅であるルビエール駅もしくはティウ駅からタクシーで向かうことをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ベルギーでおすすめの記事

ベルギーのアクセスランキング