エアーズロック|オーストラリアの世界遺産ウルル-カタ・ジュタ国立公園

エアーズロック|オーストラリアの世界遺産ウルル-カタ・ジュタ国立公園

オーストラリアの中央部にある「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」は、ウルルというよりも「エアーズロック」と呼んだ方が馴染み深いオーストラリアの有名な世界遺産です。あまりにも雄大でダイナミックなウルルの一枚岩は、間近で見るとより迫力満点!朝焼けや夕焼けを受けてそびえ立つこの世界遺産を眺めれば、一生忘れられない思い出になるでしょう。世界中から観光客が訪れる壮大なウルル-カタ・ジュタ国立公園をご紹介しましょう。

目次

エアーズロック|オーストラリアの世界遺産ウルル-カタ・ジュタ国立公園

目次を閉じる

ウルル-カタ・ジュタ国立公園とは

ウルル-カタ・ジュタ国立公園は、オーストラリア大陸の真ん中に位置する広大な敷地を誇り、その総面積は1,326平方メートル。ウルルの一枚岩と共に、36個もの岩が重なり合ったカタ・ジュタの2つのスポットが存在します。ウルル-カタ・ジュタ国立公園は1987年に自然遺産として登録されましたが、原住民であるアボリジニーとって重要な聖地であることが考慮され、文化遺産としても登録された複合遺産になっています。

エアーズロックという呼び名がありますが、これは発見時の南オーストラリア総督の名前が由来。現在は、それよりもずっと前から先住民に親しまれていたウルルという名称で登録されています。

「地球のおへそ」や「大地のおへそ」とも呼ばれるウルル-カタ・ジュタ国立公園は、他の土地では見ることの出来ない自然のダイナミックさを身体で感じるだけでなく、原住民アボリジニーやその歴史を知ることが出来るとても貴重な世界遺産なのです。

ウルル-カタ・ジュタ国立公園へのアクセス

日本からウルル-カタ・ジュタ国立公園までの飛行機の直行便はありません。シドニーやケアンズを経由しAyers Rock Airport まで行きます。空港からエアーズロックリゾートまではシャトルバスが出ているので利用すると良いでしょう。

エアーズロックリゾートから世界遺産ウルル、カタ・ジュタまでは車で20分程です。バス付きツアーも多数行われています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

エアーズロックでおすすめの記事

エアーズロックのアクセスランキング