世界最大の石造り教会!世界遺産「シベニクの聖ヤコブ大聖堂」

画像出典:Rialfver (CC BY-SA 3.0)

世界最大の石造り教会!世界遺産「シベニクの聖ヤコブ大聖堂」

目次

世界最大の石造り教会!世界遺産「シベニクの聖ヤコブ大聖堂」

シベニクの聖ヤコブ大聖堂のおすすめポイント3

聖ヤコブ大聖堂の歴史

出典: KLMircea (CC BY-SA 2.0)

シベニクが歴史上初めて登場するのは11世紀。地域の交通・貿易の中心として約1000年に及ぶ長い歴史を刻んできました。聖ヤコブ大聖堂の建築には120年以上という長い歳月をかけて造られています。

建築当初はゴシック様式で進める予定でしたが、多くの住民から批判されたことによってルネッサンス様式に急遽変更へ。その後各様式の職人たちによって、ゴシック様式とルネッサンス様式が融合した独創的な造りの教会が出来上がりました。屋根はルネサンス様式のドームがそのまま残っています。

やがて聖ヤコブ大聖堂は1990年代の紛争時に砲撃で破壊されますが、数年で完全修復。砲撃で受けた損傷を修復した際、その建築技術の高さが再認識されました。

聖ミカエル要塞

出典: Mihovilhrgovic (CC BY-SA 3.0)

シベニクは教会が多いだけではなく坂もたくさんあります。標高70mの高い丘の上にある聖ミカエル要塞は、聖ヤコブ大聖堂をはじめシベニクの街を一望できる絶景スポットです。要塞の上から見渡す景色は素晴らしく、陽光に輝くクルカ川とその先のアドリア海の青色が、シベニク旧市街の赤茶色の屋根と見事なコントラストを見せてくれます。

聖アン要塞や聖ミフォヴィル要塞とも言われているこの要塞は、11世紀には既に造られていました。その後破壊と再建が繰り返され、現在目にするのは17世紀から18世紀に造られたものです。圧倒的な存在感で一際目立っています。シベニクに訪れた際には教会巡りを兼ねて一度訪れてみましょう。

クルカ国立公園

出典: Version13

聖ヤコブ大聖堂を見物したあとは、ちょっと足を延ばしてクロアチアの美しい自然を訪ねてみるのもおすすめです。清流と緑の絶景が魅力のクルカ国立公園は、世界遺産登録されている有名な「プリトヴィッツェ湖群国立公園」と並ぶクロアチア2大自然美の一つ。見どころは「スクラディンスキ・ブク 」と呼ばれている美しい滝の集合体です。

17もの滝が集結していて、透明度の高い清流が水しぶきを上げる風景はまさに神秘的。遊泳可能なエリアもあるので、多くの人々が水遊びを楽しんでいますよ。また、「スクラディンスキ・ブク 」はクロアチアで初の水力発電所が設けられた場所でもあります。近接するシベニクに電力を供給したことによって、シベニクは世界初の水力による電力供給を受ける町となりました。

◎まとめ

アドリア海に面する古都シベニクは、世界遺産を中心とした教会が密集する美しい街。石畳の細い小路をのんびり散策するだけでも楽しく、中世の雰囲気に浸れる街です。丘に登ればアドリア海の青い絶景が、クルカ川を遡れば緑と清流が待っています。見どころに溢れるシベニク。ぜひ旅先の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

クロアチアでおすすめの記事

クロアチアのアクセスランキング