世界最大の落差、エンジェルホールがあるカナイマ国立公園!

世界最大の落差、エンジェルホールがあるカナイマ国立公園!

「カナイマ国立公園」はベネズエラにある国立公園です。未だ人類が踏み入っていない場所があることから、「世界最後の秘境」とも言われています。面積は30,000平方キロメートル以上。関東地方より少し狭いぐらいの規模となっています。その規模に人類が踏み入っていない未知の領域があるこの世界遺産は、まだまだ謎に包まれていることが多いです。今回はベネズエラの世界遺産「カナイマ国立公園」について紹介していきます!

目次

世界最大の落差、エンジェルホールがあるカナイマ国立公園!

カナイマ国立公園とは?

カナイマ国立公園は1962年にベネズエラの国立公園に指定され、1994年にユネスコの世界自然遺産として登録されました。ギアナ高地と呼ばれているこの国立公園は、大小100余りのテーブルマウンテンの一帯があります。このテーブルマウンテンは2億5千万年前に発生した豪雨によって削り出され、造り出されたものです。テーブルマウンテンで発見されている植物は4千種。そのうちの約7割がこの地域固有のものです。

公園の北西部には2,000m級のテーブルマウンテンが連なっています。中でも世界最大級の落差979メートルを持つエンジェルフォールは有名です。最高峰のテーブルマウンテンロライマ山は一般のトレッカーで登ることができます。

カナイマ国立公園へのアクセス

カナイマ国立公園へアクセスする方法は二通りあります。首都カラカスからプエルト・オルダスを経由するルートと、首都カラカスからサンタ・エレナ・デ・ウアイレンを経由するルートです。前者の方法はエンジェルフォールへのアクセスがしやすく、後者ではエンジェルフォール観光とロライマ山トレッキンを行う方におすすめのアクセス方法となっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ベネズエラでおすすめの記事

ベネズエラのアクセスランキング