世界のトップ10にも入るダイビングスポット!ココ島国立公園

画像出典:commons.wikimedia.org

世界のトップ10にも入るダイビングスポット!ココ島国立公園

目次

世界のトップ10にも入るダイビングスポット!ココ島国立公園

ココ島国立公園とは?

出典: Ethan Daniels/Shutterstock

ココ島の歴史は1500年代にまでさかのぼります。スペイン人によって発見され、その後海賊が宝物をこの島に隠したことにより、宝物に関する物語がいくつか生まれました。しかし隠した宝物は現在も未発見です。ココ島は1832年にコスタリカの領土となりましたが、現在この島に住んでいるのは国立公園のレンジャーのみ。日本人にはまだまだ馴染みのない島ですが、実は映画『ジェラシック・パーク』のインスピレーションを得た島として有名です。

そんなココ島は火山が噴火した約200万年前から形成され、他の場所ではほとんど見られない膨大な生物の多様性が特徴。その驚くべき生物の多様性は海面下にも続き、世界中のダイバーを魅了しています。 ジンベイザメや黄色のフィンマグロ、巨大なマンタや魚介類、最大7種の異なるサメの群れを見ることができますよ。100匹以上いるサメが頭上を泳ぎ、太陽の光を遮断できるのはここだけです。

ココ島国立公園へのアクセス 

日本からコスタリカのサン・ホセへは直行便は就航していないので、アメリカのロサンゼルスやダラス、アトランタなどの都市で最低1回の乗り継ぎが必要です。日本から乗り継ぎの各都市へは10~13時間、乗り継ぎの各都市からサン・ホセへは3~7時間。乗り継ぎ時間も含め19時間~23時間はかかります。

ココ島へは航空便や定期船などの公共交通手段がないため、首都のサン・ホセでダイビングやフィッシングツアーに申し込みをする必要があります。そしてココ島に上陸するにはレンジャーの許可も必要です。観光客や船乗員は島レンジャーの許可を得て陸揚げすることができます。そのためキャンプや宿泊、植物・動物・鉱物を収集することはできません。 ツアーに申し込むとガイド付きで観光することができますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コスタリカでおすすめの記事

コスタリカのアクセスランキング