バカンスも楽しめちゃう!ガボンの首都リーブルヴィルの観光スポット6選

バカンスも楽しめちゃう!ガボンの首都リーブルヴィルの観光スポット6選

中央アフリカの西海岸に臨むガボン。東にコンゴ、北はカメルーンと赤道ギニアに国境を接しています。赤道ギニア国内には赤道は通っておらず、実際にはその南のガボンが赤道直下というは、あまり知られていないちょっとしたトリビア!

ガボンは国土の8割が森林地帯で、手つかずの大自然がそのまま残っていることから、アフリカならではの動物が数多く生息しています。また海岸部には美しいビーチや数多くの国立公園があり、見どころ満載なんですよ。ガボンは石油の産油国で、経済は比較的安定しているため、アフリカの中では治安がよい国であるのも観光の魅力です。

とりわけガボンの首都リーブルヴィルは、インフラが整っているため観光のしやすい都市です。今回は魅力たっぷりのリーブルヴィルのオススメ観光スポットを6ヶ所ご紹介します。

目次

バカンスも楽しめちゃう!ガボンの首都リーブルヴィルの観光スポット6選

目次を閉じる

1.ガボン国立芸術伝統博物館

リーブルヴィルを観光する際は、ガボンの歴史や文化を知っておくとより楽しくなるはずです。ガボンについて効率良く学ぶなら、まずガボン国立芸術伝統博物館を訪れてみましょう。

ガボン国立伝統芸術博物館は、リーブルヴィル中心部の海岸沿いにある2006年に建設されたばかりの清潔な博物館で、ガボンの伝統的なマスクや工芸品、彫刻などが展示されています。ガボンの公用語はフランス語なので、解説はフランス語のみです。調度品はアフリカならではのデザインで眺めているだけでもおもしろいですが、より深く知りたい方は観光ツアーガイドをつけることをおすすめします。コンパクトなつくりになっているので、疲れることなく効率的にガボンの歴史を学ぶことができますよ。

館内の展示は有料ですが、屋外の展示は無料で楽しむことができます。しかも、屋外の展示物は写真撮影もOK!リーブルヴィル観光の記念の一枚を、芸術的な作品とともに残しましょう。

2.ポンガラ国立公園

ポンガラ国立公園はリーブルヴィルの目の前にたゆたうコモ川河口の対岸に位置し、870平方キロメートルもの広さがあります。マングローブが生い茂り、ジャングルが深いため、陸からでは一般人が分け入ることはできないため、手つかずの大自然がそのまま残されているんです。水辺にはトビハゼの群やカバ、珍しい種類のカエルなど、様々な生き物が生息しています。

河口を渡って上陸する際に足を踏み入れるビーチはすべて鳴き砂で、歩くたびにキュッキュと鳴ります。そしてここは、貴重なウミガメの産卵地でもあります。ウミガメを観察する際は驚かさないように、遠くからそっと見守りましょう。遊泳もできる美しいビーチなので、バカンスを楽しむリーブルヴィルの人たちや、外国人観光客の穴場観光スポットにもなっているんですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リーブルヴィルでおすすめの記事

    リーブルヴィルの記事はまだありません。

リーブルヴィルのアクセスランキング