オーストリア・ウィーンでおすすめの観光スポット12選

画像出典:xavierarnau

オーストリア・ウィーンでおすすめの観光スポット12選

オーストリアの首都ウィーンといえば、ヨーロッパで一大帝国を築き上げたハプスブルク家のイメージが大きいですよね。ハプスブルク家の歴史は世界各国で小説や映画と様々な姿に形を変え、現在まで語り継がれています。ウィーン中心部の地図を広げてみれば、観光の目玉となるのはやはりハプスブルク家ゆかりのスポット。

そしてウィーンはアートや音楽の街としても有名な観光地です。歴史と芸術にどっぷり浸れる美しいウィーンの観光名所をご紹介しましょう!

目次

オーストリア・ウィーンでおすすめの観光スポット12選

目次を閉じる

1.シェーンブルン宮殿

出典: saiko3p/shutterstock

ウィーンを代表的する観光地といえば、世界遺産のシェーンブルン宮殿を挙げる人が多いのではないでしょうか。広大な敷地には、バロック様式の宮殿や世界最古の動物園、庭園など見所が満載!とくに、マリア・テレジア・イエローと呼ばれる美しい黄色の宮殿外壁に圧倒されます。

宮殿内には1441室もの部屋があり、そのうちの45室が公開されています。見学には、22室が見られるインペリアルツアーと、40室をまわるグランドツアーの2種類があります。ウィーンをじっくり観光するなら、「シシィチケット」の購入がオススメ!シシィチケットは、シェーンブルン宮殿のグランドツアーや王宮のシシィ博物館の観覧などがセットになっている入場券。常に行列が出来るシェーンブルン宮殿にも、待たずに入れますよ。シェーンブルン宮殿までは、ウィーン市街中心部から地下鉄U4のシェーンブルン駅で下車、徒歩10分ほどです。

2.ベルヴェデーレ宮殿

出典: cge2010/shutterstock

シェーンブルン宮殿と同じくウィーン旧市街の郊外にあるベルヴェデーレ宮殿は、ハプスブルク家に仕えていたオイゲン公の夏の離宮として建てられたもの。上宮と下宮の2つに分かれていて、それぞれ中世から現代アートまで様々な作品が展示されています。

中でも上宮は、世界最大のクリムト・コレクションで有名。ウィーンを代表する美術館の一つであり、多くの観光客が訪れる人気スポットです。クリムトと聞いて頭に浮かぶ作品は『接吻』ではないでしょうか。黄金のきらびやかな衣装に身を包んだ二人の男女が寄り添う、あの有名作がここにあります!その他ウィーン分離派のシーレやココシュカの作品にも出会えますよ。

チケットは、ベルヴェデーレ上宮・下宮共通券や単館チケットなど数種類あります。クリムトがお目当てなら上宮のみのチケットでOK。上宮だけでもかなりの展示ボリュームなので、ベルヴェデーレ宮殿を観光ルートに組み込むなら、滞在時間は長めにとって損はないですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ウィーンでおすすめの記事

ウィーンのアクセスランキング