ガンビアの首都バンジュール周辺のおすすめ観光スポット6選!

ガンビアの首都バンジュール周辺のおすすめ観光スポット6選!

アフリカ西部の小さな国ガンビア。セネガルに周囲をすっぽり囲まれた細長いちょっと変わった国土の形状をしているのは、イギリスが植民地として獲得した際にガンビア川の両岸から約200マイルを領域とする取り決めが結ばれたため。奴隷貿易の拠点となった歴史をもつ国でもあり、国内には当時の貴重な建築物や遺物が残されています。

公用語が英語ということもあって、日本人にとっては比較的観光しやすいのも特徴。ガンビアにはユネスコの世界遺産に登録されている観光スポットが2ヶ所あり、見どころも多い国なんですよ。

ガンビア川河口の岬に建設された首都バンジュールは、人口4万人程度の小さな街。観光向けの施設は清潔な場所が多いので、安心ですよ。そんなガンビアの首都バンジュールの、おすすめ観光スポットを7ヶ所ご紹介します。

目次

ガンビアの首都バンジュール周辺のおすすめ観光スポット6選!

目次を閉じる

1.アーチ22

バンジュールの街の入口に突如として現れる巨大なアーチ22。1994年7月22日に発生した無血軍事クーデターを記念して建てられたものです。このクーデターによって大統領に就任したヤヒヤ・ジャメは、20年以上にわたって独裁に近い政権を維持してきましたが、2017年1月に赤道ギニアへ亡命しました。

ゲートの高さは35mという巨大なアーチ門には登ることができ、バンジュールの景色を眺めることができます。バンジュールは三方を水に囲まれているので、すぐ近くに海を望むこともできますよ。

門の内部には、織物博物館もあります。バンジュール観光の手始めとするには、うってつけの観光スポットですよ。

2.国立文化芸術センター

ガンビアの歴史や文化を学ぶなら、この国立文化芸術センターがおすすめ。アーチ22のすぐ脇にあるので、観光のアクセスもばっちりです。
館内には、ガンビアの民芸品からアート作品、自然や動物についての資料などさまざまな展示があります。

ガンビアは欧米列強の植民地支配を受けただけでなく、奴隷貿易の拠点ともなるなど、アフリカのなかでも独特の道を歩んできた国。ガンビアについて学ぶことは、アフリカ全体に対する知識を深めることにもつながります。ガンビアの公用語は英語なので、解説も読みやすいのが観光客には嬉しいところです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バンジュールでおすすめの記事

    バンジュールの記事はまだありません。

バンジュールのアクセスランキング