女帝マリアテレジアが愛した古都インスブルックの観光名所20選

画像出典:Adisa/shutterstock

女帝マリアテレジアが愛した古都インスブルックの観光名所20選

オーストリア・インスブルック。その名はイン川に架かる橋という意味があります。北はドイツのミュンヘン、南はイタリアのヴォルツァーノにほど近く交易の中継都市として栄えました。14世紀にはハプスブルク家の支配下となり、神聖ローマ皇帝マキシミリアン1世と女帝マリア・テレジアにこよなく愛された街としても知られています。中世を偲ばせる多くのゴシック様式や、イタリアの影響を受けたルネッサンス様式の観光名所を楽しむことができますよ。ワルツ発祥の地ともいわれており、観光とともに舞踏会やオペラ鑑賞なども楽しめるロマンティックな街でもあるんです。

標高が高く海岸からも遠いインスブルックはウィンタースポーツに最適で、2度の冬季オリンピック開催都市としても有名。夏はハイキング愛好家たちに好まれ、素朴な自然を満喫できる本格的な山歩きを楽しみに多くの観光客が訪れます。年間を通して観光客の絶えない、チロル州最大の人気都市なんですよ。インスブルックの観光の醍醐味を存分にお楽しみください!

目次

女帝マリアテレジアが愛した古都インスブルックの観光名所20選

目次を閉じる

1.黄金の小屋根

出典: www.istockphoto.com

オーストリア・インスブルック1番の観光名所と呼ばれるこの「黄金の小屋根」は、チロル公国を継承した神聖ローマ皇帝マキシミリアン1世が、旧市街の中央広場で行われる祭りやトーナメントを観戦するために5階建ての建物を改装した、いわゆるロイヤルボックスです。

もともとはチロルの領主の住居として建てられ、後にマキシミリアン1世が観覧席を加えました。その観覧席の前には、6枚のレリーフがあり、中央の2枚はマキシミリアン一世と最初と2番目の妃などが描かれ、外側の4枚はモレスケンタンツという舞踏をモチーフにしたものが施されています。マキシミリアン1世の結婚を祝して、1500年に完成したこのバルコニーの屋根は2657枚の金箔で貼りつめられ、初めて訪れた観光客でも一目でわかるような、そのまばゆい輝きは思わず立ち止まらずにはいられないほどですよ。

毎年クリスマス前の4週間は、この黄金の小屋根の前の広場にはクリスマスツリーが飾られ、クリスマスマーケット共にこの季節に訪れる観光客を楽しませています。建物内部は博物館となっており、マキシミリアン1世の宝物や肖像画・メダル・金細工作品などが展示されており、日本語オーディオガイドで楽しむこともできるのでぜひ観光してみてくださいね。

2.市の塔

オーストリア・インスブルックの市内中心部にある、高さ57mの塔。ここからは足元にインスブルックの街、そして遠くにチロルの山々が見渡せます。この塔は14世紀中ごろ、旧市庁舎の火の見櫓として建てられました。16世紀中ごろには銅葺の二重円屋根に作り替えられ、17世紀に入って時計が設置されました。塔の33m付近に展望台があります。展望台までの階段は148段、足腰に自信のあるかたはぜひ登ってみましょう!

インスブルックの市内中心部の塔からの眺めは遠くはアルプス・インスブルックのカラフルな家並み・旧市街・マリア・テレジア通り・様々な歴史的建物・天気に恵まれましたならばスキージャンプのジャンプ台とそのフォルムが話題となっているベルクイーグル・シャンツェなどあらゆる観光名所がみられます。360度のパノラマの風景を是非楽しみましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

インスブルックでおすすめの記事

インスブルックのアクセスランキング