コーヒー生産100年以上!世界遺産「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」

画像出典:Toniflap/Shutterstock

コーヒー生産100年以上!世界遺産「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」

目次

コーヒー生産100年以上!世界遺産「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」

目次を閉じる

コロンビアのコーヒー産地の文化的景観のおすすめポイント①:国立コーヒー公園

出典: jopar1980

世界遺産「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」の代表的な産地がキンディオ州のアルメニアです。アルメニアの郊外には「国立コーヒー公園」があり、一大観光地となっていますよ。広い敷地内リフト・ロープウエイで移動でき、高いところからの景色を眺めることもできます。また歩道橋もあるので散策しても楽しめますよ。

ここは実はコロンビア最大のコーヒー農園!!希望すればコーヒーの勉強もできます。季節によってはコーヒー豆の苗を植えるところや収穫の様子が見られるのもうれしいですね。さらにはコーヒー豆を使ったアロマにも詳しいですよ。コーヒー通にはたまらないポイントになること間違いなしです。

もちろん挽きたてのコーヒーを飲むことも可能!せっかくなのでコーヒー農園を見た後は、休憩の一杯をいただきましょう。香りから楽しんでくださいね。

コロンビアのコーヒー産地の文化的景観のおすすめポイント②:サレント

出典: Pedro Szekely

「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」の他の見どころとして、キンディオ県のサレントという場所があります。ここでもコーヒー農園の見学ができますが、ほかにもユニークな場所が!例えばココラ渓谷と呼ばれる場所ではコロンビアの国樹ワックスヤシを見ることができ、景観が素晴らしいですよ。ちなみにワックスヤシとは、70mほどある世界一高いヤシですよ。

さらにサレントの町もみどころの一つ。静かな雰囲気の町は時間がゆっくり流れているような、長く滞在したくなるような町ですよ。カラフルでユニークな建物を見ながら、焙煎された美味しいコーヒーを飲むと最高のひとときとなるでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

コロンビアでおすすめの記事

コロンビアのアクセスランキング