他民族が融合する国ザンビア首都ルサカのおすすめ観光スポット5選!

画像出典:www.istockphoto.com

他民族が融合する国ザンビア首都ルサカのおすすめ観光スポット5選!

アフリカ大陸南部に位置し、7つの国と国境を接する内陸国ザンビア。70を超す部族が暮らすこの国の首都ルサカは近年中国の進出もあり、近代的な発展を遂げています。かつてイギリス植民地の北ローデシアの首都だった歴史は、街の大聖堂などから感じ取ることができるでしょう。ルサカから足を伸ばせばもちろん、サファリツアーも可能ですよ。

そんなルサカを訪れたらぜひ行ってほしいおすすめの観光地を、一挙にまとめて5ヵ所ご紹介します。

目次

[x] 閉じる

他民族が融合する国ザンビア首都ルサカのおすすめ観光スポット5選!

1.ロウワーザンベジ国立公園

出典: Paul Kane

ルサカの東の郊外にあるロウワーザンベジ国立公園は、ゾウが100頭以上で群れをなして歩く姿を目にすることもある人気観光スポットです。公園の南縁を流れるザンベジ川の周囲には肥沃な土地が広がり、カバやバッファローなどが安息の地を求めてやってくることでも知られています。動物たちにとってはオアシスのような場所であるザンベジ川沿いには、観光客用のロッジも建ち並んでいます。個人での夜間の外出は危険ですが、至近距離で動物を見ることができる特等席とも言えますね!運が良ければ、絶滅危惧種に指定されている野生のリカオンに出会えるかも。

この国立公園は整備がまだ追いついていない反面、人の手が加えられてない雄大な自然が特徴。ボートやカヌーでザンベジ川を進むサファリもおすすめで、川から眺めるサンセットはルサカ観光の絶景シーンとしていつまでも記憶に残るでしょう。

2.ムンダ・ワンガ

出典: Ninara

Munda Wangaとは、ザンビアの公用語でもあるニャンジャ語で「私の庭」という意味を持っています。その名の通り、最初は植物園として1950年に開園しました。今では植物園だけでなく、野生動物保護区やレクリエーションエリア、そして学習教育センターの4つのエリアがあり、観光客だけでなくルサカに住む人々も訪れる人気観光スポットとなっています。ルサカの学生を年間40,000人以上も見学に受け入れるなど、ザンビアの環境学習の場としても高い評判を受けているんですよ。

植物園内の1,000種を超す植物は、配置が見事な上に手入れも行き届いて美しく、ピクニックにぴったり。野生動物保護区にはライオン、トラ、シマウマ、リカオンなど約45種類の動物が生息しています。子どもが楽しめるウォータースライダーまであり、一日遊べる観光スポットです!

3.日曜市

出典: Lighton Phiri

日曜市はその名の通り、毎週日曜日にルサカの中心部にあるアーケードショッピングセンターの駐車場で開催されています。ルサカでお土産を買うならここ!と言われるほど、ユニークなハンドメイド製品のお店が並んでいて観光客に好評のスポットです。

カラフルな洋服やバッグ、木彫りのお面、食器、楽器など、70を超える部族が住むザンビアらしくバラエティ豊かな商品が売られていますよ。1ヶ所1ヶ所時間をかけてゆっくりと見てくださいね。ルサカ観光の思い出を持ち帰りたい観光客にぴったりの場所です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ルサカでおすすめの記事

    ルサカの記事はまだありません。

ルサカのアクセスランキング