発展著しい都市リンシェーピングのおすすめ観光スポット4ヵ所紹介!

画像出典:Andreas Osvold

発展著しい都市リンシェーピングのおすすめ観光スポット4ヵ所紹介!

スウェーデン南部の都市リンシェーピングは、大聖堂に司教座がおかれてきた事実から見てもわかるように、スウェーデンにおける宗教の中心地として12世紀から栄えてきました。また特急電車の発着駅であることから、ストックホルムやコペンハーゲンなど大都市へのアクセスも良好な場所にあることも特徴で、観光客にとってはありがたい。

観光名所が点在する歴史ある街並みは、落ち着いた雰囲気を醸し出し、リンシェーピング大学のキャンパスが置かれていることから学園都市ならではの活気にも溢れています!今回はそんな都市リンシェーピングのおすすめ観光スポットをまとめて4ヵ所紹介して行きますね!

目次

発展著しい都市リンシェーピングのおすすめ観光スポット4ヵ所紹介!

1.リンシェーピング大聖堂

出典: Paul Richter

リンシェーピングを代表する観光スポット、リンシェーピング大聖堂。街の中心に位置し、今でランドマークとして存在感を放っています。

時計塔の高さは173mもあり、首都ストックホルムの大聖堂よりも高く、この大聖堂が歴史的にどれほど重要な位置づけであったかがわかってきます。外見の重厚な作りと同様、内部も威厳を感じますが派手さはなく落ち着いた雰囲気です。北欧のプロテスタント教会は総じてこのような見た目で、スペインなどにあるような豪華なカトリック教会との対比もおもしろいです。

パイプオルガン演奏や合唱コンサートなどの行事が頻繁に開催され、観光の最中に鑑賞のチャンスもあるかもしれません!リンシェーピング大学のすぐ隣に位置していることから若々しい空気も感じます。リンシェーピング観光の際は必ず訪れたい場所と言えるでしょう。

2.スウェーデン空軍博物館

出典: ja.wikipedia.org

スウェーデン空軍博物館は、リンシェーピング市街地から車で15分ほど。空軍基地のすぐ隣にあり、第二次世界大戦と冷戦時代の歴史がここに集約されています。スウェーデンがこれらの戦争にどのような関わりを見せたのか、空軍を通じて学べる観光スポットです。展示品には、ひとつひとつ丁寧な説明があり、それらの保存状態も良く、きちんと管理されている印象を受けるでしょう。

スウェーデンは第二次世界大戦に直接的には参加することをしなかった結果、無傷の航空機や武器がそのまま残ることとなり、貴重な史料だと高い評価を得ているんですよ。

航空関係の施設ならではのフライトシュミレーターも体験することができ、子どもから大人まで楽しめる施設になっています。観光客の中には、冷戦時代ソ連とスウェーデンが一触即発の事態にもなりかけたDC3機撃墜事件の残骸を目当てにしてくる人もいる観光スポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リンシェーピングでおすすめの記事

    リンシェーピングの記事はまだありません。

リンシェーピングのアクセスランキング