バルカン半島の湖畔にたたずむ世界遺産!オフリド地方の自然及び文化遺産

画像出典:www.istockphoto.com

バルカン半島の湖畔にたたずむ世界遺産!オフリド地方の自然及び文化遺産

東欧バルカン半島中央部に位置するマケドニア共和国。そのマケドニア共和国西部に、古代都市として栄えた街「オフリド」があります。この地にキリスト教が伝わって以来、宗教文化都市として発展を遂げ、オフリドは「マケドニアのエルサレム」と呼ばれました。

現在もオフリドには、マケドニア正教会の大主教座が置かれています。街に点在するキリスト教建築物と、オフリド湖の調和した美しい景観が評価され、1979に世界遺産に登録されました。今回は、そんなオフリド地域の自然及び文化遺産の魅力をご紹介したいと思います。

目次

バルカン半島の湖畔にたたずむ世界遺産!オフリド地方の自然及び文化遺産

目次を閉じる

オフリド地域の自然及び文化遺産とは?

出典: joyt / PIXTA(ピクスタ)

オフリド地域の自然及び文化遺産は、その名の通り自然資産と文化遺産の双方から成る世界遺産です。自然遺産に登録されているのは、オフリド湖とその周辺の景観。オフリド湖は、約500万年前に形成されたヨーロッパ最古の湖といわれています。そのため、固有種や希少種が数多く住み、景色の美しさだけでなく、学術上の価値が大きく評価されています。

他方の文化遺産は、997年にブルガリア帝国の首都となって以降、この地に建立されてきた教会群を中心としています。街自体は紀元前から存在していたとされていますが、世界文化遺産の構成資産で最も古いものは、11世紀に建てられました。

最盛期には、オフリドには365もの教会があったといわれています。しかしそのほとんどが、15世紀にオスマン帝国の侵略により破壊されてしまいました。損害を免れた聖堂も、多くがイスラム教のモスクへと転用されたとされています。世界遺産登録後、こうした聖堂の建物や美術品の復元作業が進められています。

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産へのアクセス

日本からマケドニアへは直便がないため、ドイツやスイス、スロヴァキア経由でミスレシェヴォ行きの便で、マケドニアへ入国してください。

マケドニアの首都スコピエからは、オフリド行きのバスが出ています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マケドニアでおすすめの記事

マケドニアのアクセスランキング