ウクライナの世界遺産「タウリカの古代都市ケルソネソスとその領域」

画像出典:www.istockphoto.com

ウクライナの世界遺産「タウリカの古代都市ケルソネソスとその領域」

黒海に突き出た要衝クリミア半島。その中心都市であるセバストーポリの郊外に、世界遺産の古代遺跡があります。ギリシャ人の植民市として建設されたケルソネソスと、その周辺の農業遺構です。

15世紀に放棄され、以後歴史のなかに埋もれてきたため、「ウクライナのポンペイ」とも呼ばれるケルソネソスの都市遺跡。かつてはウクライナの紙幣のデザインにも使用されたこの世界遺産の見どころについてご紹介しましょう。

目次

ウクライナの世界遺産「タウリカの古代都市ケルソネソスとその領域」

タウリカの古代都市ケルソネソスとその領域とは?

出典: www.istockphoto.com

タウリカとはクリミア半島の古い呼称で、もともと遊牧民族のタウロイ人が住んでいたことにちなんでいます。紀元前8世紀ごろから、ギリシャの諸都市がそれぞれの植民市をクリミア半島に建設するようになりました。ケルソネソスはそうしたギリシャ都市の1つです。

やがて、クリミア半島の植民市はお互いに連携・独立するようになり、紀元前4世紀ごろにはボスボロス王国が成立しました。ボスポロス王国はその後ローマ帝国支配下の属国として存続しますが、ローマが東西に分裂したころには、国家としての活動がほとんどみられなくなります。

ボスポロス王国の都は現在のケルチにあたるパンティカパイオンにありましたが、東ローマ帝国の成立以降はケルソネソスがクリミア半島の拠点となりました。しかし、東ローマ帝国と運命をともにするようにケルソネソスも衰退し、15世紀までには完全に打ち捨てられたと考えられています。

タウリカの古代都市ケルソネソスとその領域へのアクセス

ケルソネソス

出典: high fliers

ケルソネソスはセヴァストーポリ市の郊外にあり、セヴァストーポリには空港があります。
セヴァストーポリ市内からケルソネソスまでは、バスかタクシーを利用します。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ウクライナでおすすめの記事

ウクライナのアクセスランキング