世界遺産ドゥルミトル国立公園でモンテネグロの大自然をトレッキング!

画像出典:Ky0n Cheng /flickr(フリッカー)

世界遺産ドゥルミトル国立公園でモンテネグロの大自然をトレッキング!

目次

世界遺産ドゥルミトル国立公園でモンテネグロの大自然をトレッキング!

目次を閉じる

ドゥルミトル国立公園のおすすめポイント①:ドゥルミトル山塊

出典: Andrzej Wójtowicz /flickr(フリッカー)

ドゥルミトル山塊の最高峰は、標高約2523mのボボトフ・クック(Bobotov Kuk)です。ドゥルミトル山塊一帯は、プレートがぶつかり合ってしゅう曲した模様をはっきりと目にすることができる世界でも珍しい場所。中生代末期から新生代第四紀ごろの海底堆積物などが残っているなど、地形の発達における重要な地学的進行過程を知る上でも大変貴重です。

氷河期に形成された起伏に富んだ地形が特徴で、ここには多くの動物が生息しています。ヒグマやオオカミ、シャモア、ヨーロッパオオライチョウ、イヌワシ、ハヤブサ、ワシミミズクなど多彩な動物が生息していることから、「ヨーロッパ最後の秘境」とも呼ばれています。

ドゥルミトル国立公園のおすすめポイント②:タラ溪谷

出典: en.wikipedia.org

氷河期に形成されたモンテネグロ北部にあるタラ溪谷は、深さ約1300~1900m、全長約82kmと、ヨーロッパで最も深く、最も長い渓谷。全長ではアメリカのグランド・キャニオンに次ぐ世界2位を誇ることから、タラ峡谷は「東欧のグランド・キャニオン」とも呼ばれています。

出典: donchili /flickr(フリッカー)

モンテネグロ最長のタラ川が流れるタラ溪谷には、アーチ状の「タラ・ブリッジ」という橋がかかっています。橋の長さ約366m、川からの高さが約150mのタラ・ブリッジは、絶景が見られるモンテネグロの人気観光スポット。ここから「ヨーロッパの涙」と称される、透明度の高く美しいタラ川と、ヨーロッパクロマツの原生林に覆われた雄大なタラ溪谷の眺望をご堪能ください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

モンテネグロでおすすめの記事

モンテネグロのアクセスランキング