自然と動物と共生する世界遺産ティカル国立公園の神秘と魅力

画像出典:Simon Dannhauer/Shutterstock

自然と動物と共生する世界遺産ティカル国立公園の神秘と魅力

グアテマラの世界遺産「ティカル国立公園」は、ペテン県の町ティカルというメキシコやベリーズにまで及ぶ広大な森林「マヤ・フォレスト」に位置しており、マヤ文明の中心的な遺跡群です。ティカルではこの地域に広がる遺跡群と共に素晴らしい自然環境も併せた「複合遺産」として、1979年に世界遺産として登録されました。

熱帯気候にあるグアテマラの地で青々と茂る森林の木々、そこに点在する古い遺跡の数々、そして遺跡のすぐ傍で暮らすクモザルやトカゲなどの動物たち。今回はそんな魅力あふれる世界遺産ティカル公園の見どころをごご紹介します。ぜひ、グアテマラを訪れる際は参考にしてくださいね!

目次

自然と動物と共生する世界遺産ティカル国立公園の神秘と魅力

世界遺産ティカル国立公園とは?

出典: DAVID HOLT

グアテマラシティを通ってティカルを訪れるならば、シティにある国立考古学民族博物館(Museo Nacional de Arqueología y Etnología)への観光をおすすめします。ティカル国立公園に関する展示物が多く、中でもジオラマ模型は遺跡群の全体像が確認できます。

ティカル国立公園はマヤ生物圏保護区の一部で、約575平方kmの広大なジャングルの中にあります。古代都市の中心となる場所には、なんと3000棟もの建物が残されています。考古学者によると、マヤ文明がティカルの地に定着したのは900年頃だとか。

公園の中心となるのは「グレートプラザ」。そしてその両側に「北アクロポリス」と「中央アクロポリス」のピラミッド型寺院があります。ティカルでは、まだ地下に眠っている遺跡があり、発掘作業が続けられているそうです。

世界遺産ティカル国立公園へのアクセス

世界遺産ティカル公園へは、グアテマラシティから国内線に乗り換えて近隣の街フローレスまで行きます(グアテマラシティからもバスが出ていますが、約8時間かかります)。フローレスからティカル国立公園までは、フローレスのツアー会社を利用するとスムーズにいくことができ、ガイド付きツアーもあります。

また、お隣の国ベリーズを経由して向かう場合、ベリーズシティからツアーバスが出ており、4時間程で公園に到着します。国境とフローレスを結ぶ道には沢山のバスが走っているので、ティカルに来るためのオプションも豊富にありますよ!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

グアテマラでおすすめの記事

グアテマラのアクセスランキング