奈良の歴史を物語る世界遺産「古都奈良の文化財」を詳しくご紹介!

画像出典:shiii / PIXTA(ピクスタ)

奈良の歴史を物語る世界遺産「古都奈良の文化財」を詳しくご紹介!

GoToキャンペーンバナー

悠久の歴史の中、かつて都として栄えた奈良県奈良市。京都よりも長い歴史を持つ古都奈良は、遥か昔の栄光を今に伝える重要な建築物や手つかずの自然が残っています。世界遺産「古都奈良の文化財」としても登録され、多くの人々を惹きつけているんですよ。ゆるキャラで話題になったせんとくんや奈良公園のシカの可愛らしさに注目されがちですが、古代から連綿と続く都市の奈良には多くの見どころがあります。今回は世界遺産「古都奈良の文化財」としての見どころを紹介しましょう。

目次

奈良の歴史を物語る世界遺産「古都奈良の文化財」を詳しくご紹介!

古都奈良の文化財とは?

世界遺産「古都奈良の文化財」は、奈良市にある歴史的に重要な8つの寺社などから構成されています。そのすべてが国宝建造物、特別史跡、天然記念物にも指定されているもので、世界遺産としては1998年に登録されました。

世界遺産「古都奈良の文化財」の構成遺産には東大寺、興福寺、春日大社、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡、春日山原始林があります。現在の奈良市に平城京が遷都され、巡り巡ってまたこの地に都が戻された時代が奈良時代。この奈良時代に造られた多くの建築物が、その美しさや希少性、文化的価値の高さから世界遺産に認定されています。平城京は唐の長安を参考にして造られ、その片鱗をところどころで見られますよ。シルクロードの終着点でもあった古都奈良では、世界中から集まった貴重な物や文化がありました。修学旅行などで行ったことがある人も多いと思いますが、大人になった今だからこそ、もう一度ゆっくりと奈良の世界遺産を巡るのはいかがですか?

古都奈良の文化財へのアクセス

首都圏から向かうなら、まずは新幹線で東京駅または品川駅から京都駅へ。京都駅からは近鉄特急に乗って約50分で世界遺産「古都奈良の文化財」の観光の拠点、近鉄奈良駅に到着します。大阪方面から向かうなら近鉄奈良線の始発、大阪難波駅から近鉄奈良駅まで40分ほど。奈良駅からは回遊バスや路線バス、タクシーなどがあります。徒歩の場合、近鉄奈良駅から東大寺までは約20分、JR奈良駅からは30分強です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

奈良市でおすすめの記事

奈良市のアクセスランキング