日本が誇る世界遺産!古都京都の文化財(京都市など3都市)

画像出典:Sean Pavone/shutterstock

日本が誇る世界遺産!古都京都の文化財(京都市など3都市)

日本を代表する歴史のある街、京都。古都京都には、神社や寺を中心に歴史的に重要な建物がたくさんあります。世界遺産「古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)」には、京都市を中心に歴史的、景観的に重要な17ヶ所の寺社などが登録されています。京都の街は、世界遺産に登録されている重要な建物だけではなく、街全体が風情溢れる雰囲気。外国人観光客にも人気が高いですが、日本人にも愛されている街です。そんな日本が世界に誇る世界遺産を京都市を中心にご紹介します。

目次

日本が誇る世界遺産!古都京都の文化財(京都市など3都市)

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)とは?

出典: Luciano Mortula - LGM/shutterstock

古都京都は、794年に日本の中心となった平安京が基盤となってできている街です。その頃から1000年以上首都として栄え、天皇家や公家が京都に居を構えました。そのため、歴史の深い重要な建築物が多く、第二次世界大戦などの戦争でも爆撃を逃れ、多くが現存しています。

その中でも国宝建造物や、庭園が特別名勝に指定されている17か所の寺社と城郭が世界遺産「古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)」として登録されています。17ヶ所中13ヶ所が京都市、2ヶ所が宇治市、1ヶ所が滋賀県大津市にあります。この京都の世界遺産は日本の宝です。ぜひ何度でも足を運んでみてください。

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)へのアクセス

東京駅から京都駅までは、新幹線で2時間20分ほどで到着します。京都市内の観光には市バスでの移動が便利。宇治市へは、JR京都駅から奈良線で30分ほどで宇治駅に到着します。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

宇治でおすすめの記事

宇治のアクセスランキング