ラオスの首都ビエンチャンで遊ぶ!必見おすすめ観光スポット11選

画像出典:Tortoon/Shutterstock

ラオスの首都ビエンチャンで遊ぶ!必見おすすめ観光スポット11選

東南アジアの中で唯一、海を持たない国ラオスの首都ビエンチャン。仏教寺院や遺跡などの文化財があり、またラオスの政治、経済の中心地でもあります。国の70パーセントが山間部で緑が非常に豊かなラオスは外国人観光客から近年注目を集めている国の一つです。

かつてはフランス植民地で、今も古い町並みと並木道を見ると、その名残がしっかり残っていることがわかります。そして、多くの仏教寺院があり、アジアと西欧の融合を感じられます。

それでは、ビエンチャンの観光スポット11選に迫っていきましょう!

目次

ラオスの首都ビエンチャンで遊ぶ!必見おすすめ観光スポット11選

目次を閉じる

1.パトゥーサイ

出典: ja.wikipedia.org

フランスはパリの凱旋門を模倣して作られたパトゥーサイ。迎賓館から伸びるラーンサーン通りに堂々とそびえ立っています。ラオス語でパトゥーサイは勝利の門の意です。

1960年代に戦没者慰霊のために建設が始まりましたが、完成間際に財政難に陥ってしまい、まだ未完成の状態です。しかし、それままた味があると評判が高いポイントです。下からパトゥーサイを見上げると、天井にラオスのモチーフを見ることができます。

朝の8時から夕方の5時までは上に登ることができ、メコン川や水田、お寺を含めたビエンチャンの街並みを一望することができます。ビエンチャン観光のスタート地点パトゥーサイから、是非観光をはじめてみてくださいね!

2.タート・ルアン

出典: commons.wikimedia.org

ビエンチャンのみならず、ラオス国内の寺院の中でも一際存在感を放つ大仏塔タート・ルアン。3世紀頃に始まり、石造りの仏塔には釈迦の骨や頭髪を納めたとも言われています。

のちに1566年にセタティラート王によって、寺院の形を変えて再建されましたが、現在は北と南の寺院のみ残っています。また、北の寺院はラオス仏教界最高の僧侶の住まいでもあります。

タート・ルアンはラオスの紙幣にも印刷されラオスのシンボルとして愛されており、週末は国内から人々が集まります。神聖な場所ですので肌を出さずにタート・ルアンに訪れてみてくださいね。ビエンチャン観光に欠かせない観光スポットの一つですので、お見逃しなく!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ヴィエンチャン(ビエンチャン)でおすすめの記事

ヴィエンチャン(ビエンチャン)のアクセスランキング