自然豊かな台湾南部の嘉義オススメ観光ポイント7選

画像出典:Jerry Lai

自然豊かな台湾南部の嘉義オススメ観光ポイント7選

台湾南部に位置する「嘉義(かぎ)」。2015年に新たな観光スポット、国立故宮博物院南部院区が嘉義県太保市にオープンし話題になりました。嘉義は阿里山へ向かう出発地でもあり、登山鉄道・阿里山森林鉄道は鉄道ファンや観光客に大人気です。また、嘉義にあった嘉義農林学校が甲子園に出場した実話をもとにした台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」の舞台となった都市でもあり、嘉義のあちこちに映画ゆかりのスポットが点在していますよ。そんな自然豊かな嘉義へ観光に行ってみませんか?

目次

自然豊かな台湾南部の嘉義オススメ観光ポイント7選

目次を閉じる

1. 国立故宮博物院南部院区

出典: jemmy999

台北にある国立故宮博物院の分院としてオープンした国立故宮博物院南部院区(故宮南院)は、嘉義の新しい観光スポットです。台北の故宮博物院もかなりの広さですが、嘉義にある故宮南院の敷地はなんと70ヘクタール!これは東京ドーム約15個分に相当します。近代的な建築デザインも特徴的で見どころの一つ。常設展示と合わせて特別展も開催されており、広さを活かした展示数と展示方法で見ごたえがありますよ。庭園の作品も必見です。

嘉義中心部の観光地とは少し離れていますが、観光の際はバスを利用すればアクセスもしやすいです。庭園部分は出入り自由ですが、内部の観覧は参観品質を維持するため完全予約制になっています。公式ウェブサイトからの事前予約をお忘れなく。

2. 阿里山森林鉄道

出典: Robsama

阿里山森林鉄道は日本統治時代に阿里山から嘉義へ木材の運搬を目的に作られた、世界三大登山鉄道の一つに数えられる鉄道です。嘉義に来たなら阿里山森林鉄道に乗って阿里山へ観光に行ってみましょう!

まずは阿里山観光の起点となる奮起湖へ。嘉義駅から奮起湖までは約2時間20分ほどです。日常ではあまり目にすることのない熱帯植物に囲まれ、パイナップルやジャックフルーツの畑を通り過ぎ、気がつくとかなりの高度に達していていて驚かれるかもしれません。途中電車は登山鉄道ならではの「スイッチバック」というジグザグに進む走行をするのも見ものです。当日券の場合は約2時間以上狭い車内で立ちっぱなしになってしまう可能性があるので、観光の際は事前予約をオススメします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

嘉義でおすすめの記事

嘉義のアクセスランキング