中国大陸を望む台湾・金門で見逃せないオススメ観光スポット!

画像出典:pixta.jp

中国大陸を望む台湾・金門で見逃せないオススメ観光スポット!

中国本土の厦門(アモイ)からわずか数キロの場所にある台湾の孤島、金門。肉眼ではっきりと中国が見えるほどの近距離にあります。目覚ましい発展を遂げ、都市部などでは戦争があったことなど想像がつかないほど近代化している台湾にあって、金門は近代戦争の史跡などを歴史的資料として、また観光資源として保存している興味深い観光地なんです。そして富を得た華僑たちによってもたらされた流麗な建築物など、戦争史跡以外にも見どころ盛りだくさん。そんな中国との戦争の最前線であった金門島で、激動の台湾の歴史を肌で感じて少し雰囲気の違った台湾を見てみませんか?

目次

中国大陸を望む台湾・金門で見逃せないオススメ観光スポット!

目次を閉じる

1. 翟山坑道

出典: commons.wikimedia.org

金門は1958年に中国の人民解放軍が侵攻し、金門砲戦が起こった島です。島内には当時の戦況などを知ることができる場所が多数残っています。その中でもオススメの観光スポットは古崗湖の東南方にある翟山の翟山坑道。海から長い地下道が続き、小型船だと約42艙も収容できるように作られているんですよ。もともとは戦争時に大陸からの砲爆激に備えて作られたトンネルだったそうです。

壁にはこのトンネルを掘るときに犠牲となった人の名前が記された板が埋め込まれています。戦争中に手掘りでこれだけの規模のトンネルを堅い花崗岩の岩盤を削ってつくりあげる、という当時の過酷な状況と台湾の人々の苦労が偲ばれます。金門に残っている6つのトンネルの中で最大。現在トンネル内は美しくライトアップされ、流れる綺麗な水も観賞できます。金門を訪れるならぜひ見てほしい観光スポットです!

2. 風獅爺

出典: 芳蘭 徐芳蘭/flickr

観光は、その土地の文化や風土を見たり感じるのも醍醐味のひとつですよね。「風獅爺(フーシーイエ)」は金門の人々の信仰の象徴としていたるところに建てられている集落の守護神。愛嬌のあるルックスで金門のマスコット的な存在としても人気があります。一見すると沖縄のシーサーに少し似ていますが、様々な色でカラフルに彩られ、サイズも大きなものからとても小さいものまでバリエーションが豊富なんですよ。

もともと金門島は強い季節風が吹く場所にあり、田畑に影響が出る強風を沈めてほしいという願いから風獅爺は置かれたといわれています。また邪気を払うという魔除けの意味も含まれているため、街のいろいろな場所で見ることができます。赤いマントを覆った風獅爺やカラフルなものなど様々な表情の風獅爺を見てまわるのも金門観光ならでは。金門の文化を肌で感じられる個性的な観光資源ですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

金門でおすすめの記事

金門のアクセスランキング