アルメニアの歴史のある都市、エレバンのおすすめ観光スポット8選!

画像出典:eFesenko

アルメニアの歴史のある都市、エレバンのおすすめ観光スポット8選!

アルメニアの首都は?という質問に対して、エレバン!と即答できる人はなかなかいないと思います。アルメニア自体コーカサス三国の一角の小さな国であるので我々日本人はあまり馴染みがないかもしれません。

アルメニアは世界で1番最初にキリスト教を国教化した国とも言われていたり、アルメニアとトルコの間に位置するアララト山は、かの有名なノアの箱舟が行き着いた場所とされていたり、エデンの園があると言われたりと、非常に歴史のある国なのです。

今回はそんなアルメニアの全人口の3分の1が住む、首都のエレバンの観光スポットについて、ご案内いたします。

目次

アルメニアの歴史のある都市、エレバンのおすすめ観光スポット8選!

目次を閉じる

1. エチミアジン大聖堂

エレバンから郊外に20kmほど行ったところにとても美しい教会があり、多くの人や観光客を魅了しています。2000年にはユネスコの世界遺産に登録されたこのエチミアジン大聖堂は、もともと7世紀に建設されたました。東ローマ帝国が力を失い始めた暗黒時代でもありますが、アルメニア王国はその独自性をこの教会の設計に表現したとされています。

非常に古くからある教会ではありますが、現在もなお、観光客だけでなく、地元の老若男女が礼拝に訪れます。内部は薄暗くなっており、礼拝に訪れた人たちが、お祈り用として使用するロウソクの明かりが並んでおり、とても幻想的な空間となっております。
周囲は公園になっており、若い男女グループがたむろしているので、もしかしたら日本人観光客に興味を持って話しかけてくるかもしれません。運が良ければ、気前よく教会を案内してくれることもあるでしょう。

2. マテナダラン

さまざまな観光スポットがエレバンには存在していますが、珍しいものでは古文書に特化した博物館あります。なんともマニアックな博物館だと思われるかもしれませんが、マテナダランと呼ばれるこの古文書博物館は、とても立派な建物でエレバン市内でも特に存在感を放っています。

内部にはキリスト教やアルメニア正教会に関連した各種の聖書・古文書が、多く展示してあります。聖書と言っても一般観光客が想像するようなものではなく、綺麗な装丁と美しいフォント、挿絵が施されているものもあり、それはまさに芸術です。

書かれている言語も多岐にわたっておりアルメニア語、ラテン語、ギリシャ語、ペルシャ語など様々な形の文字にも出会うことができるのです。

エレバン観光の際には絶対に行っていただきたいところです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

エレバンでおすすめの記事

    エレバンの記事はまだありません。

エレバンのアクセスランキング