不思議な異世界空間がここにある!世界遺産イエメン・ソコトラ諸島の魅力

画像出典:Rod Waddington

不思議な異世界空間がここにある!世界遺産イエメン・ソコトラ諸島の魅力

イエメンの世界遺産「ソコトラ島」は、イエメンの南東約350kmのインド洋上、アラビア海に浮かぶ島。周辺の小さな島々とあわせて「ソコトラ諸島」と呼ばれています。ソコトラ島までの距離は、アラビア半島のイエメンからよりも、アフリカ最東部のソマリアからの方が近くて230kmほどしか離れていません。島は「海のシルクロード」上にあり、アラブ・インド・ギリシャなどの貿易の中継地点として重要な場所でもありました。

ソコトラ島に一歩足を踏み入れると、「インド洋のガラパゴス」と呼ばれれているのにも納得!見たことのないユニークな植物や動物に目を奪われ、ここは本当に地球なんだろうか?と思ってしまうような光景が広がっています。そんなイエメンを代表する世界遺産のひとつ、ソコトラ諸島の魅力をたっぷりと、詳しくご紹介しましょう。

目次

不思議な異世界空間がここにある!世界遺産イエメン・ソコトラ諸島の魅力

イエメンの世界遺産「ソコトラ諸島」とは?

出典: PRORod Waddington

ソコトラ島は、東西に長い約130km×約45kmほどの島。ゴンドワナ大陸の分裂でアフリカ大陸から分離されたのが起源と考えられています。年間降水量の少ない苛酷な気象条件を耐え抜くため、ソコトラ諸島の動植物は長い年月をかけて独自の進化を遂げ、今の不思議な姿となりました。こんなにユニークな景観が見られるソコトラ島ですが、1999年に空港が開港するまで観光客の立ち入りができなかったこともあり、ほとんど知られることはなかったのです。

出典: Valerian Guillot

2008年になって、固有の進化を遂げた魅力ある生態系や普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種を守るため、ユネスコの世界自然遺産に認定。注目が高まってきています。

イエメンの世界遺産「ソコトラ諸島」へのアクセス

出典: Gerry & Bonni

日本からの直行便はないため、まずドバイなどを経由して、イエメンの首都サヌアにあるサヌア国際空港へ向かいます。サヌア国際空港からは、イエメンのナショナルフラッグであるイエメニア航空か、LCCのフェリックスエアウェイズでソコトラ空港へ。所要時間は、日本からサヌアが約15時間、サヌアからソコトラは約2時間ほどです。

ソコトラ島は観光地化が進んでいないため、現地のドライバーを手配しましょう。冬の12月から2月ごろは雨が多く降るので、春や夏に訪れるのがおすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イエメンでおすすめの記事

イエメンのアクセスランキング