アラスカの旧首都シトカの歴史と自然を満喫する観光スポット7選!

アラスカの旧首都シトカの歴史と自然を満喫する観光スポット7選!

アラスカ州南東部のアレキサンダー諸島の港町シトカ。人口は1万人足らずでありながら、それでもアラスカ州では4番目、行政区域面積ではアメリカ最大の規模をもっています。周辺には氷河が作り出したフィヨルドが広がり、独特の景観を織りなすとともに、数多くの海洋生物を育んでいます。シトカとは、先住民族トリンギット族の「海のほとりの人々」を意味する言葉に由来するもの。18世紀末にロシアが植民地化して発展し、シトカにはアラスカ有数の歴史ある建物も点在しています。そんなシトカだからこそ、北米の自然を楽しむもよし、独自の歴史文化を楽しむもよし、いろいろな観光ができるんです!今回は数多くあるシトカの観光スポットのうち、とくに魅力的なものを7つ厳選してご紹介します。

目次

アラスカの旧首都シトカの歴史と自然を満喫する観光スポット7選!

目次を閉じる

1. アラスカ猛禽類センター

出典: Jim Dickson

シトカ観光で代表的な動物の1つに猛禽類があります。アラスカ猛禽類センターは、主に傷ついたハクトウワシを保護しながら野生に返すためのトレーニングなどをしている施設。観光客には職員がプレゼンテーションを行ってくれます。アメリカの国鳥としても有名なハクトウワシの生態や保護活動の内容などについて、深く学ぶことができますよ。

もちろんハクトウワシのほかにも、タカやフクロウの仲間をはじめとするさまざまな猛禽類の姿を見ることができます。動物保護を目的とする重要な施設ですが、シトカの観光スポットとしてもとても人気です。入場料が必要ですが、これには職員によるプレゼンテーションなども含まれています。また、館内にはギフトショップも入っているので、お土産探しにもぴったりですよ。ぜひカメラを持って訪ねてくださいね!

2. 聖ミカエル正教大聖堂

シトカがロシアの植民地であるロシア領アメリカの首都だった、1848年に建てられた木造の大聖堂です。シトカ市街の中心部に位置し、ロシア建築に特徴的なたまねぎ型のドームが目を引きます。かつてのロシアの影響を色濃く現代に伝え、シトカのシンボル的な歴史的建築物の1つ。今ではアメリカ合衆国国定歴史建造物の指定を受けています。一度火事によって焼失しているのですが、もとの姿で復元されました。

シンプルな外観に反して、内部には絢爛な絵画や調度品の数々が!100年以上の歴史をもつ価値ある絵画も多いため、観光で見るべきものは少なくありません。また、司祭がシトカの町と歩んできた教会の歴史や、それぞれの芸術品について知ることもできます。シトカの歴史観光では外せないスポットの1つといえるでしょう。

3. シトカ国立歴史公園

この公園は「トーテムパーク」の別名でも親しまれている通り、シトカの先住民トリンギット族の遺産ともいえる、数々のトーテムポールが残されています。トリンギットの人々がロシアに抵抗して戦った砦を保存したもので、トリンギットの歴史や文化について知るには最優先で訪れたい観光スポットです。

園内のトーテムポールは1本1本表情が異なり、それぞれに意味があります。ゆっくり見て回っても、所要時間はおおよそ1時間程度。トリンギットたちがどのような願いをトーテムポールにかけたのか、思いを馳せながら観光してみましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

シトカでおすすめの記事

    シトカの記事はまだありません。

シトカのアクセスランキング