観光のメッカ!ブエノスアイレスで押さえておきたいスポット13選

画像出典:Patrick Nouhailler

観光のメッカ!ブエノスアイレスで押さえておきたいスポット13選

目次

観光のメッカ!ブエノスアイレスで押さえておきたいスポット13選

目次を閉じる

13.7月9日大通り

出典: Juanedc

ブエノスアイレスのレティーロ地区からコンスティトゥシオン地区まで南北にまたがる、ブエノスアイレスを象徴する通りが7月9日大通りです。通りの名前はアルゼンチンが独立をした1816年7月9日に由来しています。片側7車線に加えて両端にはさらに2車線あり、マンハッタンの大通りよりも広いことから「世界最大の大通り」と言われているんです。世界一の大通りを渡ろうと多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

7月9日大通りの建設計画は1888年に遡りますが、周辺の地主や住民たちの反対により1935年までの長い間建設に取り組むことができずにいました。その後、大通りは1937年の7月9日に最初の部分が開通し、主要部分は1960年代になって完成しました。あまりに広い大通りのため、通りを渡りきるのに数分かかるんだとか。そのため、通りの地下に歩行者用の通路を作る計画もされています。ブエノスアイレスに来た際はぜひ世界一の大通りを制覇してみてください!

◎まとめ

今回はまさに日本の真裏に当たるブエノスアイレスの観光スポットを紹介いたしました。スペイン植民地の影響を受け、南アメリカの中でも最もヨーロッパらしい街並みや文化、歴史を感じられるスポットが市内の至る所に散りばめられています。そうした歴史的な背景を持ち、それを活かすことで世界でまたとない新たなトレンドを生み出している点も、多くの観光客を惹きつける魅力となっているようですね。

今回は押さえておきたい観光スポットを紹介しましたが、何気なく市街地を散策すると目を引かれるものが多くある観光天国と呼べる場所であります。歴史、芸術、文化の融合地点、ブエノスアイレスに旅行される際に参考にしていただければ幸いです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ブエノスアイレスでおすすめの記事

ブエノスアイレスのアクセスランキング