タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園の魅力

画像出典:mbolina

タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園の魅力

中米の見どころはビーチだけではありません。カリブ海に面する「タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園」は広大な土地に様々な地形や気候が存在するコスタリカとパナマにまたがる世界遺産です。世界でも珍しい植物や動物を見ることができて、「幸せを呼ぶ幻の鳥」と呼ばれているケッツアールを見ることもできますよ。2ヶ国にまたがる世界遺産にはどのような魅力があるのでしょうか。

目次

タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園の魅力

タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園とは?

出典: Luis Manuel Madrigal Mena

「タラマンカ地方-ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園」とはコスタリカとパナマにまたぐ、総面積5,654平方kmにおよぶ広大な世界遺産です。タラマンカ地方にある中央アメリカ最大級のこの保護地域では、熱帯雨林や火山地帯、高原地帯など様々な気候や地形が入り混じっていることで世界有数の植物や動物を見ることができます。

優れた自然美や絶滅の恐れのある種の生息地があることが評されて1983年にはコスタリカのラ・アミスター保護区群、1990年にパナマのラ・アミスター国立公園が世界遺産に登録されました。パナマとコスタリカをまたぐこの一帯が、世界遺産に登録されるよりも前の1982年に生物圏保護区に指定されていたことが、後の世界遺産登録拡大に繋がっています。

アクセス方法

【パナマから入る場合】
パナマシティからバスまたは飛行機を利用してダビまで行き、そこからバスを利用してセロ・プンタまで移動します。セロ・プンタからラス・ヌベスまで再びバスを利用。ラス・ヌベス行きのバスは本数が少ないため、セロ・プンタからはタクシーの方が便利です。帰りのバスの本数も少ないので、あらかじめタクシーを手配しておきましょう。また、ダビからラス・ヌベスまでレンタカーを利用すると約1時間半で到着します。

【コスタリカから入る場合】
コスタリカの首都サンホセからバスを利用してサンヘラルド村まで移動します。サンヘラルド村からサン・ビトまで再びバスを利用。サン・ビトからラ・アミスター国立公園へは4WDのタクシーでもアクセスすることが可能です。また、サンホセからサン・ビトまでレンタカーを利用すると約5時間かかります。ツアーも出ているのでぜひ参加してみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

パナマでおすすめの記事

パナマのアクセスランキング