音楽と文化の街イギリス・マンチェスターの魅力的観光地15選に迫る!

画像出典:upload.wikimedia.org

音楽と文化の街イギリス・マンチェスターの魅力的観光地15選に迫る!

音楽や文化、アートの街として近年注目されているマンチェスター。サッカープレミアリーグのマンチェスターユナイテッドとマンチェスターシティが本拠地を構える都市でもあります。過去にはサッカー日本代表の香川選手もマンチェスターユナイテッドに移籍し、日本でも有名になりましたよね。そのため、マンチェスターはサッカーファンにはたまらない都市です!

また、雨がとても多い事から室内で活動する事が多く、ギター文化が生まれたことで、たくさんの音楽家達を輩出しています。つまり、スポーツだけでなく、芸術の街でもあるのです。それではイギリスの文化都市・マンチェスターの魅力に迫ります!おすすめの観光スポットを一挙に15箇所ご紹介していきますよ。

目次

音楽と文化の街イギリス・マンチェスターの魅力的観光地15選に迫る!

目次を閉じる

1. マンチェスター市庁舎

出典: commons.wikimedia.org

ヴィクトリア朝時代に建てられたネオゴシック建築の代表マンチェスター市庁舎。映画『シャーロック・ホームズ』や『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のセットにも使われ、街のシンボルとして親しまれています。

19世紀、マンチェスターは世界の重要な工業都市で絶えずお金が流れ、街は急スピードで成長しました。繁栄と地位には市庁舎もそれに見合ったものにということで宮殿のような建物が作られました。10年という長い期間をかけて100万ポンドもの資金をかけ完成させたのが、このマンチェスター市庁舎です。数々の塔やガーゴイル、ヴィクトリア朝を彷彿させる装飾、トライアングルレイアウトを特徴としています。

マンチェスターに来たら見逃せないスポットの一つ、「マンチェスター市庁舎」にぜひ足を運んでみてください!マンチェスターのド定番観光スポットです。

2. ジョンライランズ図書館

出典: Michael D Beckwith

マンチェスターの目抜き通りにあるジョンライランズ図書館では、まるでハリーポッターのような世界を体感できます。1890年にジョン・ライランズの妻によって設立され、1972年にマンチェスター大学の図書館と合併し今の姿になりました。書籍の数はイギリスでもトップクラスで、古代文書なども見ることができるんです。特筆すべきは200年ほど前にギリシャ語で書かれた新約聖書のヨハネによる福音書の一部。こちらは世界で最も古い聖書の一つと言われています。

あまりに教会らしい雰囲気を醸し出しているので、観光客は「教会かな」と思いがちなのですが、実際に教会として使われたことは一度もありません。昼夜を問わずマンチェスター大学の学生を始め、多くの人々が勉強や読書に没頭しています。観光の合間にこのような学術的な雰囲気に触れるのもまた一興ですよね。イギリスを代表するジョンライランズ図書館に是非訪れてみてくださいね!

3. マンチェスター大聖堂

出典: mark.watmough

マンチェスターの中心・ビクトリアストリートにある、中世の教会「マンチェスター大聖堂」。マンチェスターの領主であったロバート・グレスレット男爵が自分の邸宅の隣に作ったのが始まりです。ビクトリア朝時代に流行したゴシックスタイルの大聖堂で、第二次世界大戦の際にはドイツからの攻撃で甚大な被害を受けたましたが、20年という月日をかけて現在の姿まで修復されました。

長い歴史のあいだには、テロなどの標的になったこともありますが、それをも乗り越えて復興したこのマンチェスター大聖堂は威厳ある建物としてマンチェスターの街に君臨しています。伝統的ながらスタイリッシュな内装も見どころの観光スポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マンチェスター(イギリス)でおすすめの記事

マンチェスター(イギリス)のアクセスランキング