歴史、自然、建築あり、北アイルランドの首都ベルファストのおすすめ厳選21選!

画像出典:Leonid Andronov

歴史、自然、建築あり、北アイルランドの首都ベルファストのおすすめ厳選21選!

目次

歴史、自然、建築あり、北アイルランドの首都ベルファストのおすすめ厳選21選!

目次を閉じる

16.クイーンズ大学ベルファースト

出典: commons.wikimedia.org

ベルファストの中心地から少し離れたところにあるクイーンズ大学ベルファーストは、イギリスの中で最も古い大学の1つ。ラッセル・グループというイギリスの名門大学で構成されたグループに属する優秀な大学で、学部は歯学、医学、人文学、法学など。

1845年に建設された建物はとても威厳のある佇まい。観光客が大学内で見学できるのはロビーとその横にある売店くらいですが、ステンドグラスと大理石の彫刻が美しいので、観光の途中に覗いてみてはいかがでしょう?大学内の売店ではおしゃれなクイーンズ大学ベルファストのグッツが多く並んでいるので、お土産探しにいいかもしれません。

夜のライトアップもとても美しいので見ておきたいところ。大学の周辺にも観光スポットが多くありますが、歴史ある建築物ですので通りかかった際には立ち寄って観光してみてくださいね。

17.ベルファースト植物園

出典: commons.wikimedia.org

クイーンズ大学ベルファストの隣にあるのは、ベルファスト植物園。ベルファストの南にある公園は観光客だけではなく、地元の学生達、ベルファストで働く人たちの憩いの場として人気があります。

アルスター民俗&交通博物館もこの敷地内にあるので、観光スポットがギュッと集まっている場所とも言えますね。手入れの行き届いたガーデンの中にはパーム・ハウスと呼ばれるこじんまりとした温室があり、中では熱帯地方の様々な植物を見ることができます。この建物はビクトリア王朝自体の重要な遺産でもあるのです。

パーム・ハウスのオープン時間は4月から9月の間は10:00から17:00、10月から3月の間は閉館が一時間早まって16:00まで。敷地内で行われるイベントを除いて、無料で解放されているのが観光客にとっても嬉しいですね。夏の天気の良い日には、公園でベルファストの地元っ子に混じって美しいガーデンでの時間を楽しんでも良いかもしれません。

18.アルバート記念時計台

出典: benkrut

ベルファストの中心街クイーンズスクエアにあるのはアルバート記念時計台。ビクトリア女王の夫アルバート公を記念して1869年に建てられたこの時計台は、ベルファストでも最も知られた観光名所の1つです。

高さは約35mで小さなビックベンといった雰囲気ですが、よくよく見るとフランスとイタリアのゴシック様式を掛け合わせたスタイルは作りが精巧で、その美しさは見ていて飽きません。この時計台はアルスターホールを手がけた建築家W.J.Barreによるもの。

地盤が緩んでいるためか、わずかに傾いてきていています。観光スポットといっても中に入ることはできませんが、ベルファストの重要なシンボルです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ベルファストでおすすめの記事

ベルファストのアクセスランキング