中世の歴史が色濃く残されている島、ロードス島お薦め観光スポット12選

画像出典:leoks

中世の歴史が色濃く残されている島、ロードス島お薦め観光スポット12選

エーゲ海の南東端に浮かぶロードス島は、東地中海の海路の要衝でした。そのため、さまざまな国から攻撃・支配され、現在でもそれらの国々の多様な文化の影響を垣間見ることができます。また、世界七不思議の1つ「ロードスの巨像」が建っていた場所としても知られています。

観光スポットには事欠かず、世界遺産にも認定された中世の都市は、訪れる観光客を興奮させてくれるでしょう。また、美しいエーゲの海を楽しむ観光客も大勢いますよ。そんなロードス島の魅力をご紹介しましょう。

目次

[x] 閉じる

中世の歴史が色濃く残されている島、ロードス島お薦め観光スポット12選

1.ロードスの中世都市

「ロードスの中世都市」の名称で世界遺産に登録されているロードス島の中心地ロードスの旧市街は、1309年に島を占領した「聖ヨハネ騎士団」が築いた城塞です。保存状態が良く、高さ10mに及ぶ城壁が、半円形に4kmにもわたってつづいています。場所によっては二重・三重にも重ね固められた城塞や、その外側の深い堀などを見るとここで、ロードス島を有名にした聖ヨハネ騎士団とトルコの激戦を想像することができますね。

城門をくぐって一歩旧市街に入ると、そこはまるでアニメや映画に見る中世の世界!2時間もあればぐるっと一周できるので、ゆっくりと歩いて、お気に入りのポイントを見つけて下さい。ただし、夏場のロードス島はとても暑く、小道の入り組んだ旧市街で迷ってしまう観光客も多いそうなので、注意してくださいね。

2.騎士団長の館

旧市街の北端にある宮殿、それが騎士団長の館です。ロードス島に住んでいた聖ヨハネ騎士団の団長の司令部兼居城として使われていました。この騎士団長の館は、スペイン、フランス、ドイツの出身者からなる多国籍軍であるヨハネ騎士団によって、もともと7世紀にあったビザンティン様式の宮殿を改修・増築して14世紀に建てられたものです。一見、城壁と同じくシンプルで無骨な外観をしていますが、中に入るとその豪華さに目を奪われることでしょう。

コス島から移築されたという美しい床を飾るモザイク画やタペストリー、16世紀から17世紀にかけての素晴らしい家具、ロードス島での攻防戦を描いたフレスコ画など、館には観光客の目を惹くものが多々あります。今にもまるで甲冑を身に着けた中世の騎士たちの足音が聞こえてきそうな、そんな雰囲気をもった城館です。

3.騎士団の病院(ロードス考古学博物館)

出典: zenpaku / PIXTA(ピクスタ)

聖ヨハネ騎士団が病院として建築した建物跡が、現在考古学博物館として使用されています。2階部分にロードス島から出土した多くの歴史的遺物を展示していて、陶器や壁画、彫像など見ごたえのある品々が並びます。数ある展示品の中でも、ロードス島観光で決して見逃してはならないのが、白い大理石でできた美しい彫像「ロードス島のアフロディティ」!これを見るために、多くの観光客が考古学博物館を訪れます。

ロードスの旧市街を歩き疲れたら、ロードス島の太陽を感じながら中庭で一息。この中庭も中世の趣があって、とても素敵なところです。各部屋をじっくり見てまわるとかなり時間がかかりますが、ロードス島の歴史の息吹が詰まった観光スポットですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ロードス島(ロドス島)でおすすめの記事

ロードス島(ロドス島)のアクセスランキング