古代のロマンに触れる!テッサロニキ観光スポット8選

画像出典:linmtheu/flickr

古代のロマンに触れる!テッサロニキ観光スポット8選

ギリシャ第2の大都市テッサロニキ。観光のメッカ、ギリシャの首都アテネから少し離れた所にここテッサロニキという街があります。この街もアテネに負けず劣らずの人気の観光地として注目されているんですよ。

テッサロニキは数々の遺跡などが世界遺産にも登録されていて、伝統や芸術にもたいへん奥深いものがあります。街の名前も古代マケドニア王国の将軍であったカッサンドロスの妻でアレクサンドロス大王の異母妹の名前に因んで付けられているんです。テッサロニキが世界遺産に登録されたのは、「初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群」と「地中海の食」。古代からの宗教と人間との関わり合いと、地中海がはぐくんだ豊かな食文化が魅力的な観光の街です。

目次

[x] 閉じる

古代のロマンに触れる!テッサロニキ観光スポット8選

1 .アギオス・ディミトリオス教会

ここテッサロニキにはたくさんの教会があります。「アギオス・ディミトリオス教会」はギリシャでは最大級の教会なんですよ。ガリウス帝に処刑された聖ディミトリオスが祭られている教会です。中に入ると天井の高さと聖人たちの絵画の荘厳な雰囲気で心が洗われるよう。この教会は1917年に街全体が大火災に合い、一度全焼をしたと言われています。それから信心深い人々の力で1926年から1948年の長い年月をかけて再建されました。初期のバシリカ聖堂の様式を現代に見事に伝えています。教会の中には焼け跡から残った5枚のモザイク画が飾られています。この生き残った絵をみるだけでも当時の人々の苦労が偲ばれますね。

その他にもディミトリオスが殉教したロ-マの浴場の跡と伝えられる地下聖堂が残っています。聖ディミトリオスはこのテッサロニキの守護聖人でもあるんですよ。

2.アギアソフィア聖堂

ビザンティン教会のひとつ「アギアソフィア聖堂」。暗黒時代と呼ばれる8世紀の東ローマ帝国の時代に建てられたギリシャ正教の教会です。ギリシャ国内だとこの時代に建てられたもので唯一残った、貴重な建築物なんですよ。初期のアギアソフィア聖堂には十字架だけが飾られてありましたが、9世紀になると、天に昇る天使とイエスキリストの絵や、イエスキリストを優しく抱かれた聖母マリアのモザイク画が描かれました。

トルコ・イスタンブールにある同名「アギアソフィア聖堂」と同じく、オスマン帝国に支配されていた時期はモスクとして利用され、モザイク画などは漆喰によって塗りつぶされていましたが、現代は剥がされてその素晴らしい作品を鑑賞することができますよ。人々の祈りを受け止めるかのように見つめるマリア像にほんのりと光が当てられているのがとても印象的。世界遺産に登録されています。

3.テッサロニキ考古学博物館

出典: commons.wikimedia.org

テッサロニキやマケドニアなど、周辺で発掘されたローマ時代の彫刻や装飾品などを展示すしている「テッサロニキ考古学博物館」。館内はテーマごと9つの各コーナーに分類。モニター等が設けられ、展示品のひとつひとつの説明が丁寧に映像を通して説明されていますので歴史がちょっと苦手な方でも楽しく鑑賞できますね。

特にマケドニア王国時代の至宝や彫刻などの迫力には圧倒されてしまいます。美しく磨かれた大理石の展示品などはまるで宝石のような輝きがあります。各コーナ-の展示品を照らす照明も見事に演出されていて、館内を飽きることなくゆっくりまわれますよ。なお写真はフラッシュを使ったり三脚などを使用した撮影は禁止されています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

テッサロニキでおすすめの記事

テッサロニキのアクセスランキング