ジャイプルでマハラジャの生活を見られる27箇所の観光スポット

画像出典:Nikada

ジャイプルでマハラジャの生活を見られる27箇所の観光スポット

ジャイプルは、インドの首都デリーから西に約260km、砂漠の多いラジャスターン州の州都です。デリー周辺への旅行でも、そこからのアクセスが良く、見所も多いジャイプルはぜひ足を伸ばしてほしい街。旧市街の建物の多くはピンク色に塗られているため、ピンクシティと呼ばれることもあり、かわいらしい印象ですよ。

ここにはインド独立後までその地方の王様、つまりマハラジャがいたこともあり、見所の多くは王によってつくられたもの。西インド独特のデザインで、ピンクに塗られた建築物に囲まれると、不思議な世界に迷い込んだような気分になれます。ジャイプルの観光スポット27箇所をご紹介します。

目次

[x] 閉じる

ジャイプルでマハラジャの生活を見られる27箇所の観光スポット

1.シティ・パレス

出典: f9photos

インドはかつて、各地方がそれぞれ国として分かれており、各国に王がいました。ジャイプルも、1949年まではジャイプル王国の都だった街。シティ・パレスはその王の宮殿で、現在では建物のほとんどの部分が博物館として公開されています。現在でも一部分は王族の住居となっているため、常に多くの衛兵が警備に当たっています。

シティ・パレスは、王宮や謁見の間、迎賓館など、たくさんの建物で構成されています。その多くは、ピンクと白を基調にしており、砂漠地帯の青い空にとても映え、幻想的な景観。観光客にとっては異文化そのもので、引き込まれる都市です。
かつての政治の中心は、現在では旧市街の観光の中心となっているので、ジャイプル観光は、ここからスタートするのがおすすめですよ。

2.チャンドラ・マハル(月の宮殿)

出典: saiko3p

チャンドラ・マハルは、かつての王の住居だったシティ・パレスの敷地内の主殿。現在でも王族の住居となっているので、入れる部分には制限がありますが、その外観と一階のギャラリーは観光客に公開されています。

白を全体の基調にしながら、屋根やバルコニーは赤いアクセントで塗色。白と赤のコントラストがとても綺麗な建築で大勢の観光客を魅了しています。現在のパキスタンの方から伝わった、イスラム文化であるムガール建築の影響を強く受けており、細い柱とアーチ状の窓、丸い屋根が特徴的。内部には細かい彫刻での装飾が施されていて圧巻ですよ。

見所は、中庭を囲む回廊の4方向の扉に施された装飾。その中でも、「くじゃくの扉」と呼ばれる扉の上部にある色鮮やかな装飾は、たくさんのアーチが組み合わされた形状を孔雀の羽として表現されていて、息を飲む美しさです。

3.ハワー・マハル(風の宮殿)

出典: Elena-studio

ジャイプルのシンボルとしても有名なハワー・マハル(風の宮殿)。日本の社会科の教科書にも頻繁に登場するほどです。外壁にはピンク色の砂岩を使っているので、可愛らしい印象。建物は5階建てで、なんと953の小窓が通りに面して造られています。この窓から宮廷の女性たちが、外からは見られることなく、通りを見ていたと言われています。

たくさんの小窓は外から見たデザインのためだけではなく、この宮殿の内部を風が通り抜けるように設計されており、夏の間も涼しく快適。建物の中に入ると、風を通すためか、奥行きがあまりないことに気づきます。それぞれの小窓にはステンドグラスがはめられ、様々なステンドグラスを通して差し込んでくる日光の美しさも楽しめますよ。

シティ・パレスの一部ではありますが、現在では観光客に一般公開されているため、管理も入場料も別となっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ジャイプル(ジャイプール)でおすすめの記事

ジャイプル(ジャイプール)のアクセスランキング