ウェールズの首都カーディフを楽しもう!おすすめの観光スポット26選

画像出典:ChrisHepburn

ウェールズの首都カーディフを楽しもう!おすすめの観光スポット26選

カーディフはイギリス西部のウェールズ地方の首都であり、人口約30万人のウェールズ 最大の都市です。かつては石炭の輸出港として栄えていましたが、近年はウォーターフロントの再開発によって新たなビジネスや観光の中心地となっています。

ロンドンからカーディフまでは列車で2時間ほどの距離なので、日帰り旅行も可能。豊かな自然に囲まれ、歴史的建築物も多く、ロンドンから気軽に出かけられる観光スポットとしておすすめです。ここでは、そんなカーディフの観光スポットをご紹介します。

目次

ウェールズの首都カーディフを楽しもう!おすすめの観光スポット26選

目次を閉じる

1.カーディフ城

出典: deymos

カーディフ城の歴史は、2000年ほど前にローマ人が築いた要塞から始まります。チューダー朝の王室の所有を経て19世紀に改修され、現在は観光スポットとして公開。実はこのカーディフの城、「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われているんですよ。

カーディフ城の見所は、敷地の南西に位置するビュート家の居城。.童話を描いた育児室や豪華絢爛なアラブルーム、細密なステンドグラスが美しいウィンタースモーキングルームなど華麗な部屋の数々は観光スポットとしておすすめです。

観光の際には、日本語のオーディオガイドもあるのでぜひご利用ください。内部は広く、ゆっくり回ると1時間半~2時間ほどかかります。

2.ケーフェリー城

出典: jvoisey

ケーフェリー城は、13世紀にノルマン人領主ギルバート・ド・クレアがカーディフに建てた城です。ピューリタン革命の時、議会派の攻撃で塔の一つが傾き、そのままにされています。カーディフではいちばん大きい城で、観光スポットとして中を見て回ることができます。

堀に囲まれた古城で、歴史と古城としての趣を感じさせます。ロンドン周辺の観光できる城は、中が博物館になっているところが多いのですが、この城は武具や工芸品などの展示物がなく、古城そのものです。

カーディフからバスか電車で15分くらいなので、観光スポットとしてぜひ訪れてくださいね。

3.コッホ城

出典: commons.wikimedia.org

ウェールズ語で「赤い城」を意味する「コッホ城」。カーディフ城と同じ建築家の設計で、中世の古城をビュート侯爵の別荘として改築したものです。現在は観光スポットとして一般公開されています。

おとぎ話に出てくるような、森の中に建つかわいらしいお城。聖母子が建っている跳ね橋を渡り城内へ入ると、中は広場になっていて、居室は塔の中に配されています。内部もとてもかわいく、まるで人形の家に来たよう。壁にはウサギやキツネ、ニワトリなどの絵が描かれていて、ほのぼのとした気分になります。

カーディフでは女の子にも人気の観光スポット。ここではイギリスの貴族の暮らしを垣間見ることができますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

カーディフでおすすめの記事

カーディフのアクセスランキング