ブルガリア随一の大自然!エーデルワイスが咲く世界遺産ピリン国立公園

画像出典:ja.wikipedia.org

ブルガリア随一の大自然!エーデルワイスが咲く世界遺産ピリン国立公園

GoToキャンペーンバナー

ブルガリア共和国の南西に位置する世界遺産ピリン国立公園は、その険しい自然から人の手が入ることを許さず、独自の生態系を作りあげてきました。様々な固有種を見ることができ、トレッキングコースとしても人気があります。そんなブルガリアの世界遺産であるピリン国立公園を、詳しく紹介しましょう。

目次

ブルガリア随一の大自然!エーデルワイスが咲く世界遺産ピリン国立公園

世界遺産ピリン国立公園とは?

出典: Valentin_Manolov

ピリン山脈を含む、ブルガリア最大の公園であるピリン国立公園。氷河の浸食によって造られる丸い谷「カール」が特徴的なピリン山脈には、多くの湖があります。さらに驚くことに、山脈を構成する山々は大理石の一枚岩からできているんですよ。

世界遺産ピリン国立公園には固有種も多く、ここに生息しているのはヒグマやオオカミ、キツネ、鹿、さらに鷹や鷲などの鳥類。そして湧き水も豊富なことから、その恩恵に与かる植物の中には美しいエーデルワイスや樹齢1300年のモミの木なども見られます。

世界遺産ピリン国立公園へのアクセス

世界遺産ピリン国立公園には、起点の町であるバンスコからアクセスするのが良いでしょう。ソフィアからバンスコまではバスで約3時間。電車では直通がなくセプテンブリでの乗り換えが必要です。所要時間は7時間から8時間かかります。

バンスコからはタクシーで行くことができます。ヴィフレンの山小屋まで行けるミニバスもありますが、季節によって運航がまちまちなので、事前に要確認です。ロープウェイの利用もできますが、上の駅からさらに5キロほど進む必要があります。

おすすめポイント①ヴィフレン岳ハイキング

出典: sjhaytov

世界遺産ピリン国立公園で観光客に人気なのが、ヴィフレン公園地域。ヴィフレン岳はブルガリア国内の人気観光スポット100選にも選ばれ、最高峰で標高が2915メートルとブルガリアで2番めの高さの山です。4億5000年前のピリン山脈は海の底にあり、マグマの変成作用によってすべてが大理石で形成されました。さらにピリン山脈にはたくさんの洞窟があり、大理石が溶け出して鍾乳洞となっています。その中に真珠のような形の鍾乳石といううものも見られ、自然の神秘を存分に満喫できる世界遺産です。

ヴィフレン岳のハイキングは非常に人気があり、家族連れなども見かけます。岩場で登りづらい場所も多いですが、しっかりと登山の準備をして行けば問題ないですよ。雄大な自然が見られる世界遺産は、地元ブルガリアの人々にも人気の観光スポットです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ブルガリアでおすすめの記事

ブルガリアのアクセスランキング