ヴェルサイユ宮殿を凌ぐオーストリア世界遺産!シェーンブルン宮殿と庭園群

画像出典:vichie81/shutterstock

ヴェルサイユ宮殿を凌ぐオーストリア世界遺産!シェーンブルン宮殿と庭園群

オーストリアを本拠地としたヨーロッパを代表する名家の一つ、ハプスブルク皇帝家の夏の離宮「シェーンブルン宮殿と庭園群」。17世紀に建てられ、フランスのヴェルサイユ宮殿を凌ぐ宮殿にしたいと、1696年に新しく宮殿と庭園が造られました。ローマ皇帝カール6世の娘マリア・テレジアが、1743年以降に自分好みの宮殿に改築し、更に世界遺産に相応しい容貌に生まれ変わっています。

この豪華絢爛なシェーンブルン宮殿には、豪華な広間をはじめ部屋がなんと1441室。シェーンブルン宮殿の広大なフランス式の庭園には、18世紀に造られた世界最古の動物園や、豪華なバロック風装飾の皇帝用馬車などを展示する馬車博物館もあり、見応えある世界遺産となっています。

目次

ヴェルサイユ宮殿を凌ぐオーストリア世界遺産!シェーンブルン宮殿と庭園群

シェーンブルン宮殿と庭園群とは?

出典: Zagrean Viorel/shutterstock

両翼の端から端まで約180mもあり、ヨーロッパでも壮麗な宮殿の一つとして知られる「シェーンブルン宮殿と庭園群」。1696年にレオポルド1世がバロックの巨匠フィッシャー・フォン・エアラッハに「ヴェルサイユを凌ぐ宮殿を」と命じて造らせました。しかし、財政難に陥ったことで一旦中断され、1749年に女帝マリア・テレジアが、内装をウィーン風ロココ様式に改築し完成。この時にピンク色だった外装もマリア・テレジア・イエローという上品なクリーム色に塗り替えられています。

世界遺産のシェーンブルン宮殿と庭園群には東西1.2km、南北1kmの広大なフランス式庭園があり、魅力的な観光スポット。この宮殿の名前「シェーンブルン」は「美しい泉」という意味です。贅の限りを尽くして造られた、壮麗なシェーンブルン宮殿と庭園群は、1996年に世界遺産に登録されました。何から何まで贅沢なハプスブルク家の暮らしを垣間見られる世界遺産に、ぜひ訪れてください。

シェーンブルン宮殿と庭園群へのアクセス

出典: commons.wikimedia.org

世界遺産のシェーンブルン宮殿と庭園群へのアクセス方法をご紹介します。ウィーン地下鉄のU-BahnのU4号線で、ウィーンのリンクから10~15分くらいでシェーンブルン駅へ到着します。シェーンブルン駅で下車後、徒歩約5分で世界遺産のシェーンブルン宮殿と庭園群に到着します。

シェーンブルン宮殿と庭園群は、駅から近く徒歩圏内なので訪れやすいですよ。オーストリアの贅を尽くした壮麗な宮殿とその庭園に足を運んでみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

オーストリアでおすすめの記事

オーストリアのアクセスランキング