富山は女子を美しくする。春の富山で珍景、絶景、名湯の5選!

画像出典:kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

富山は女子を美しくする。春の富山で珍景、絶景、名湯の5選!

GoToキャンペーンバナー

北陸新幹線が開通したことで、富山への観光旅行がぐんと手軽になりましたよね。富山観光というと海の幸が有名ですが、実は富山には海産物以外にもたくさんの観光地があるんですよ。春の富山には、雪の大絶景や昔話に登場するような長閑な温泉風景、色とりどり花などバラエティー豊かな旅があなたを待っています。ぜひ一度、春の富山に訪れて観光してみませんか?

目次

富山は女子を美しくする。春の富山で珍景、絶景、名湯の5選!

目次を閉じる

1.春だけの珍景!「ほたるいかミュージアム」で光るほたるいかを堪能しよう

春の富山で一番のお楽しみといえば、夜の海を青白く光らせるほたるいか。夜の富山湾海岸はまるで青く光る帯を敷いたようになり、幻想的な景色が広がります。「春のホタルイカ祭りin滑川」では、ほたるいかすくいや大食いコンテストといった一風変わったお楽しみもあるので、ぜひ参加してみましょう。

ほたるいかミュージアムでは、富山の名産であるほたるいかの生態や漁について学び、実際に触れ合うことができます。ほたるいかの発光を海の上から眺める海上観光では、まるで夜空から星をすくい取るかのようなファンタジックな体験ができますよ。

2.「相倉(あいのくら)合掌造り集落」はライトアップが見所!

つんととがった三角屋根の民家が立ち並ぶ、富山県五箇山相倉。日本でも富山県五箇山と岐阜県白川郷にだけ現存している合掌造りと呼ばれる家々は、遠目にはかわいらしくまるで昔話のミニチュアを見ているかのようですが、実は、豪雪地帯に住む人々の知恵と工夫が詰まっている歴史的にも貴重な建造物です。

多くが築100年から200年。なかには築400年という家もあり、毎年降る大雪にも耐えて建ち続ける姿は世界遺産に指定されています。雪の残る春浅い残雪ライトアップ、また少し春がすすみ田んぼの水面に逆さに合掌造りの家が映りこむ水田逆さ合掌ライトアップと、春の合掌造り観光の見どころは2度もあります。

どちらの時期に訪れるか、迷ってしまいますね。合掌造りの家々には今も地元の方が実際に住んでいますが、なかにはお土産屋さんなどとして営業している家もありますので、中に入って食事をしたり観光する事もできます。合掌造りの家々をライトアップを見に、春の富山観光へ行きませんか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の滑川行き格安航空券

滑川でおすすめの記事

滑川のアクセスランキング