どこに行っても富士山が見える!名峰の麓御殿場市のおすすめ観光スポット

画像出典:PhotoREX 21 / PIXTA(ピクスタ)

静岡県御殿場市と言えば、言わずと知れた富士山の麓にある市。日本の霊峰が当たり前のように見える、非常に羨ましいロケーションの観光地域です。もちろん景色だけでなく、温泉や富士サファリパークのような遊べる施設、御殿場プレミアムアウトレット等の買物ポイントもたくさんあり、オススメの探勝ポイントも目白押し。

そんな御殿場周辺のおすすめ観光地を挙げてみました1日では廻りきれない観光地もありますが、静岡観光の参考にしてみてください。

[x] 閉じる

どこに行っても富士山が見える!名峰の麓御殿場市のおすすめ観光スポット:目次

1.富士サファリパーク

御殿場でファミリーにオススメの観光地と言えば「富士サファリパーク」でしょう。動物園と違い、動物を野生に近い形で見ることができ、野生動物の恐ろしさや逞しさを身近に感じることができる観光施設です。園内はサファリゾーンとふれあいゾーンにわかれており、サファリゾーンでは基本的に生き物に触れることできません。

昼サファリとナイトサファリの2種類があり、昼と夜で生き物たちがどう変わるかを比べてみるのもオススメ。ふれあいゾーンでは小動物に触れることができます。常に混んでいる観光地なので、開園時間をチェックしつつ早めの行動がストレスなく廻るコツです。公式HPには入園料の割引チケットもありますので、こちらもぜひチェックを!

2.御殿場高原時之栖

御殿場高原時之栖(ときのすみか)は、温泉やレストラン、サッカー、プール(夏季のみ)など色々なスポーツを楽しむことができるスポーツ施設。加えてホテルなどもある御殿場の一大リゾート観光施設です。ここで有名な観光ポイントはイルミネーションと噴水ショー。

噴水の高さは70mに達することも。夜景をバックに色とりどりの光が噴水に反射して幻想的で壮大な空間を作り出します。また施設内の「ありがた山」は御殿場市「富士見十景」に選ばれたほど富士山が綺麗に見える観光スポットです。

3.乙女森林公園第一キャンプ場

森の中に佇むバンガローやロッジ、そしてアメリカンインディアンが暮らしていた「ティピー」と呼ばれるテントに、区画ごとに綺麗に整備されているテントサイト、第二キャンプ場には無いバーベキューサイトがある御殿場市の乙女森林公園第一キャンプ場は、富士山を臨む絶好なロケーションでアウトドア体験ができる観光施設です。バンガローやロッジにはトイレやキッチン、暖房器具や寝具が完備されているため、基本手ぶらで来ても大丈夫です。ティピーでは囲炉裏のように中でたき火もできます。

4.乙女森林公園第二キャンプ場

御殿場の箱根外輪山の麓にある「乙女森林公園第二キャンプ場」。富士山の絶景を臨む絶好のロケーションは第一キャンプ場と同じですが、こちらには第一キャンプ場にはない、コテージやオートキャンプ場があります。

近くには「フォレスト乙女」という乙女峠まで続くハイキングコースも有り。コテージは第一キャンプ場にあるロッジよりも間取りが広く、小さなものだと4名、大きなタイプだと8名まで宿泊可能です。どれもログハウス風になっていて、トイレ、お風呂、キッチン、ベッドおまけにロフトまであります。キャンプというよりホテルと言っても問題ないような充実ぶりです。

5.御殿場欅平ファミリーキャンプ場

とにかく、御殿場のキャンプ場はどこでも雄大な富士山が堪能できる極上のロケーションにあります。「御殿場欅平ファミリーキャンプ場」ももちろん富士を望む広大な敷地に、ログハウスやオートキャンプ場を50サイトも有している観光施設です。ちなみにここも「御胎内温泉」の近くということで、温泉を楽しんでくことができます。キャンプの疲れを癒やすのに、温泉は嬉しいですよね。

キャンプサイトは最上段・中央・東サイトと3つに分かれ、それぞれ広い炊事場などが近くにあり、プライベートが他サイトより確保できるなどの特徴があります。キャンプサイトは1家族一泊5,400円、ログハウスは寝具付きで10,500円です(価格は2016年11月現在のものです)。炊事場、バーベキュー台は屋根付きなので雨天でも安心です。

◎まとめ

今回はファミリーで楽しめるスポットを中心に紹介しました。富士山という有名な観光地があるだけに、どこの施設からでも富士山が見えるのがポイントですね。御殿場市は沼津や熱海、小田原と言った観光地からも近いので、周辺エリアと併せて観光するのもいいでしょう。アウトドア好きな人は、富士山の麓ということもありアウトドア施設が充実しているので、その点を楽しんでみてはどうでしょうか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

御殿場でおすすめの記事

御殿場のアクセスランキング