モンテネグロの世界遺産、城塞都市コトルの自然と文化歴史地域を歩く旅

画像出典:Hotice Hsu

モンテネグロの世界遺産、城塞都市コトルの自然と文化歴史地域を歩く旅

目次

モンテネグロの世界遺産、城塞都市コトルの自然と文化歴史地域を歩く旅

コトルの自然と文化歴史地域とは?

出典: François Philipp

アドリア海東岸にあるモンテネグロのコトル湾は、珍しいほど複雑に入り組んだ地形が特徴的。そのコトル湾の最深部南端に位置しているのが、今回ご紹介する世界遺産の街、コトルです。

出典: Joanne Goldby

ビザンチン帝国、セルビア、ヴェネツィア共和国などに支配されながらも繁栄してきたコトル。中世の面影が残る町並みや石畳が美しい旧市街には、ヴェネツィアの影響を受けた城壁や建築物が残っています。また、ローマ・カトリックとギリシャ正教会の文化圏が重なっているコトルには両方の教会が建てられています。

そんなコトルは4つの教会、城壁、海洋博物館、1602年に建てられた中央広場の大時計など代表的な見どころと、歴史上重要な建築様式や建築物群、文化、伝統、美しい景観などが評価され、1979年に「コトルの自然と文化歴史地域」として世界文化遺産に登録されました。

コトルの自然と文化歴史地域へのアクセス

出典: David Jones

クロアチアからほど近いコトルの街は、ドゥブロヴニクの南東約60kmに位置しています。ドゥブロヴニクから車なら約2時間、バスやフェリーでもアクセスできます。美しい海を眺めながらコトル湾を巡るクルーズツアーや、クロアチアからの日帰りツアーに参加するのもおすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

モンテネグロでおすすめの記事

モンテネグロのアクセスランキング