モンテネグロの世界遺産、城塞都市コトルの自然と文化歴史地域を歩く旅

画像出典:Hotice Hsu

モンテネグロの世界遺産、城塞都市コトルの自然と文化歴史地域を歩く旅

バルカン半島西部、アドリア海に面した共和制国家のモンテネグロは、大自然に恵まれた美しい国。世界遺産に登録されているドゥルミトル国立公園や、280種を超える鳥類が生息し「渡り鳥の飛行場」ともいわれるスカダル湖などが有名です。

そんなモンテネグロでもう1つ登録されている世界遺産が、城塞都市として知られる「コトル」です。美しい景観とともに歴史や文化に触れることができ、観光スポットとして人気がある世界遺産コトルの自然や文化、歴史についてご紹介します。

目次

モンテネグロの世界遺産、城塞都市コトルの自然と文化歴史地域を歩く旅

コトルの自然と文化歴史地域とは?

出典: François Philipp

アドリア海東岸にあるモンテネグロのコトル湾は、珍しいほど複雑に入り組んだ地形が特徴的。そのコトル湾の最深部南端に位置しているのが、今回ご紹介する世界遺産の街、コトルです。

出典: Joanne Goldby

ビザンチン帝国、セルビア、ヴェネツィア共和国などに支配されながらも繁栄してきたコトル。中世の面影が残る町並みや石畳が美しい旧市街には、ヴェネツィアの影響を受けた城壁や建築物が残っています。また、ローマ・カトリックとギリシャ正教会の文化圏が重なっているコトルには両方の教会が建てられています。

そんなコトルは4つの教会、城壁、海洋博物館、1602年に建てられた中央広場の大時計など代表的な見どころと、歴史上重要な建築様式や建築物群、文化、伝統、美しい景観などが評価され、1979年に「コトルの自然と文化歴史地域」として世界文化遺産に登録されました。

コトルの自然と文化歴史地域へのアクセス

出典: David Jones

クロアチアからほど近いコトルの街は、ドゥブロヴニクの南東約60kmに位置しています。ドゥブロヴニクから車なら約2時間、バスやフェリーでもアクセスできます。美しい海を眺めながらコトル湾を巡るクルーズツアーや、クロアチアからの日帰りツアーに参加するのもおすすめです。

コトルの自然と文化歴史地域のおすすめポイント①:コトル城壁

出典: Aleksandr Zykov

ヴェネツィア共和国によって築城された総延長約4.5kmのコトル城壁は、モンテネグロで外せない観光スポットのひとつ。コトルの旧市街地で中世の町並みを楽しむだけでなく、ぜひ裏山を登り、標高約260mの城壁の頂上からコトルの絶景を見渡してみてください。

出典: kulbabka / PIXTA(ピクスタ)

裏山の要塞への入口を入ると石の階段が続いています。頂上までの所要時間は約1時間。赤レンガの建物や海の絶景を見ながら登れておすすめなので、時間がある方はぜひチャレンジしてみてください。

頂上からの景色は一気に疲れも吹き飛ぶほどの美しさ!どこを撮ってもプロのような美しい写真が撮れる人気の写真撮影スポットです。頂上まで登るのは少し大変、と思う方でも大丈夫!途中からでも十分きれいな景色を見ることができますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

モンテネグロでおすすめの記事

モンテネグロのアクセスランキング