世界遺産の王宮群が見逃せない!トリノの人気観光スポット15選。

画像出典:Ladiras

世界遺産の王宮群が見逃せない!トリノの人気観光スポット15選。

目次

世界遺産の王宮群が見逃せない!トリノの人気観光スポット15選。

目次を閉じる

10.サン・ジョヴァンニ・バッティスタ大聖堂

サン・ジョヴァンニ・バッティスタ大聖堂は、聖骸布(キリストの処刑後に体を包んだ布)で有名なトリノのカトリック教会で、人気の観光スポット。元々は初期キリスト教時代に創建された教会で、現在建てられているのは1498年に造られたものです。

現在、聖骸布は大祭壇上におかれたケースの中に保存されていて、非公開。近年のDNA鑑定の結果、13世紀頃の布とわかり偽物とされましたが、観光客やカトリック信者の訪問が絶えません。ドゥオーモの左側身廊には、原寸大の聖骸布の写真画像が展示されているので、観光に訪れた際にはご覧ください。

聖堂内に飾られている絵画も目を見張るものがあり、トリノでは必見の観光スポットです。ぜひ訪れてみてくださいね。

11.カステッロ・ディ・リヴォリ現代美術館

出典: commons.wikimedia.org

カステッロ・ディ・リヴォリ現代美術館は、サヴォイア家の城だったリヴォリ城を改築したもので、トリノのおすすめ観光地。トリノから西へ約10㎞ほどのところにあります。長い間、荒れたままでしたが20世紀半ばに修復されました。

入口を入ると左右に2つの建物があり、左側はサヴォイア家の居城で右側はギャラリーとなっています。内部はサヴォイア家公爵の居城だった面影を残していて、高い天井や大理石の床、フレスコ画が掛かる壁など、美しく豪華な空間。ギャラリーには彫刻や立体造形、写真など様々な表現の現代アートが展示されていて、おすすめの観光スポットです。

12.モンカリエーリ城

出典: it.wikipedia.org

モンカリエーリ城は、トリノの隣町モンカリエーリにあります。モンカリエーリは13世紀以後はサヴォイア家の支配下に入り、トリノの美しい部分だけをコンパクトにまとめたような街。

18世紀にサヴォイア家が夏の別荘として愛用していたモンカリエーリ城は、サヴォイア王家の王宮群の一つとして世界遺産に登録されています。2008年におきた火災の修復中で、現在は公開されていませんが、宮殿が建つバーデン・バーデン広場の丘からヨーロッパアルプスの山々を眺めることができます。

市内にはおしゃれなブティックやセレクトショップ、雑貨屋などが並んでいて、散策にもおすすめ。トリノからの日帰り旅行として、ぜひ観光に訪れてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

トリノでおすすめの記事

トリノのアクセスランキング