文化の入り混じる歴史都市!イタリア、トリエステの観光地11選

画像出典:クレジット:zakaz86

文化の入り混じる歴史都市!イタリア、トリエステの観光地11選

GoToキャンペーンバナー

目次

文化の入り混じる歴史都市!イタリア、トリエステの観光地11選

目次を閉じる

7.リジエラ・ディ・サン・サッバ

出典: commons.wikimedia.org

リジエラ・ディ・サン・サッバは、ナチスの占領時代に使われていた強制収容所で、現在は博物館となっています。収容所は、もともと精米所として建てられましたが、ナチス軍によって強制収容所として機能した後、難民収容施設として使用されました。その後修復が行われ、現在ではナチスの行った悲惨な行為を後世に伝えています。施設はあまり手が加えられておらず、当時の姿がリアルに伝わります。

8.ヴェルディ劇場

出典: commons.wikimedia.org

ヴェルディ劇場は、オーストリア統治下の1801年に創設されてから現在まで、トリエステの文化イベントの中心となっています。ヴェルディ劇場は、とても有名な観光スポットとして知られており、イタリア国内はもちろんのことイタリア国外からもたくさんの観光客が訪れます。現在でも、オペラやバレエ、室内楽や交響楽のリサイタルも上映されているので、ぜひ素晴らしい劇場で素晴らしい公演を体験してみてはいかがでしょうか。

また、ヴェルディ劇場の見どころは公演だけではありません。公演前後には、ぜひ劇場の建物や室内装飾をじっくりと鑑賞してください。建物の正面を見れば、ペディメントのある窓や付柱、柱頭などの細かな装飾が印象的で、上演ホールのシャンデリアや天井のフレスコ画、豪華に飾られたボックス席など、内装も息をのむ美しさ。そのほかにも、上品なロビーや大理石の壁、金箔の装飾なども注目してみてくださいね!

9.至聖三者聖スピリドン・セルビア正教会聖堂

出典: クレジット:tucko019

至聖三者聖スピリドン・セルビア正教会聖堂は、先ほど紹介したカナル・グランデのすぐ近くにあります。青い屋根と黄金の壁画といった特徴的な外観を持つセルビア正教会で、カトリックの教会とは雰囲気が異なります。外観も美しいですが、内部も圧巻。高い天井には夜空のような青色の中に星が描かれ、それを縁取るように金を基調とした装飾や絵画が施されています。金の装飾はカトリックの教会では、あまり使用しないので、この点にも注目です。

トリエステは、オーストリア=ハンガリー帝国に統治されていた時代に、西欧と中欧との文化交流の地点であることから、宗教の自由が認められていました。その名残で、様々な宗教施設が現存しています。こういった歴史的背景から、トリエステは他のイタリアの都市とは違った雰囲気の街となり、観光客にはその多様性が魅力となっています。他の教会と建物や絵画などを見比べながら、観光してみても楽しめますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

トリエステでおすすめの記事

    トリエステの記事はまだありません。

トリエステのアクセスランキング