ブラジルの未来都市クリチバを満喫する!厳選の観光スポット23選

画像出典:Det-anan/Shutterstock

ブラジルでも屈指の大都市クリチバ。独自の都市開発は世界的にも高い評価を得ていて、ブラジル国内でも有数の裕福で現代的な街として有名です。また、都市の緑化においてもクリチバの施策は成功例として広く知られており、街全体が緑と融合するような近代都市なのです。世界中がお手本にするべき最先端の都市システムを持った、ブラジルが誇るエコで未来的な都市クリチバ。今回は、その魅力を余すところなく観光できる厳選23スポットをご紹介します!

[x] 閉じる

ブラジルの未来都市クリチバを満喫する!厳選の観光スポット23選:目次

1.ボタニコ・デ・クリチバ庭園

出典: Giancarlo Liguori/shutterstock

この庭園は、クリチバのランドマーク的存在として親しまれています。庭園は入念に手入れされており、観光客以外にも散歩に来た地元の人たちの姿も多く見かけます。園内では四季折々の植物が見られるため、季節ごとに違う姿を見せてくれるところもポイントです。

クリチバ庭園の中でも鉄骨ガラス張りの温室はヨーロッパ調の気品漂う外観で美しく、クリチバ屈指の人気観光スポットに数えられています。温室の中では珍しい植物も育てられており、見ていて飽きません。この庭園は、目が不自由な人でも楽しめるように触ったり匂いを確かめたりできるような展示になっています。気になる植物は、ぜひ五感をフルに使って確かめてみてくださいね。

ただし、園内はかなり広いため全て見ようと思うとかなりの時間を要します。あらかじめ見たい場所を絞っておくと良いですよ。庭園の奥には、ショップを兼ねた博物館もあり、お土産探しにもうってつけです。

2.オスカー・ニーマイヤー美術館

ブラジルが誇る天才建築家、オスカー・ニーマイヤーがデザインした美術館。建物が目の形に似ていることから、別名「目の美術館」とも呼ばれるクリチバ屈指の観光スポットです。彼の作品は曲線を多用することで知られていますが、この美術館もあちこちに曲線が使われています。

どこを切り取っても絵になるほどに美術館全体が1つの作品として成立していて、連日多くの観光客が詰めかける人気スポットとなっています。目のように見える建物は美術館の別館で、本館とは曲線を活かした通路で接続されています。この通路一つをとっても独特なので、館内では通路や建物といった何気ない場所でさえカメラを構える観光客の姿が。これも、オスカー・ニーマイヤーがデザインした美術館ならではですよね。館内では現代アートのほか、ブラジルの伝統衣装などの展示が行われています。

3.タングァー公園

出典: pt.wikipedia.org

もとは採石場だった土地を有効活用する形でつくられた公園が、このタングァー公園です。235,000平方mというクリチバ市内でも屈指の広さを誇る公園で、観光スポットとしてだけでなく、クリチバ市民の運動やレジャーの施設としての役割も担っています。

タングァー公園で見逃せないのが高台にある展望台。展望台前の広場には、噴水と花壇が整備されていて絶好のビューポイントとなっています。低地にある2つの池の間には、池を分断するかのように巨大な崖がそそり立ち、かつてここが採石場であった名残を残しています。崖にはトンネルが掘られていて、2つの池を互いに行き来することが可能。また、ボートに乗ることもでき、観光客はもちろんクリチバ市民からも親しまれています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

クリチバでおすすめの記事

    クリチバの記事はまだありません。

クリチバのアクセスランキング