ウクライナ有数の工業都市ドニプロをご紹介!

画像出典:rospoint/shutterstock

ウクライナ有数の工業都市ドニプロをご紹介!

ドニプロはウクライナのドニプロ州ドにあり、ドニプロ川の河岸に位置します。面積は405平方kmで人口は約100万人の工業都市で、ドニプロの愛称で市民に親しまれています。首都キーウまでの直線距離は390 kmです。

ドネツィクと並んで、ウクライナ有数の工業の中心地であり、優秀な人材も多く、ソ連軍事時代は「ソ連の人材派遣の都市」とも呼ばれていました。その為かウクライナ独立後もウクライナの首相を4名も輩出しています!

また美しい噴水も多くウクライナで噴水の街と呼ばれることもあるとか。そんなドニプロの都市の独特な観光名所をご紹介します!

目次

ウクライナ有数の工業都市ドニプロをご紹介!

目次を閉じる

1.メノラセンター

出典: commons.wikimedia.org

メノラセンターは 2012年10月21日にウクライナのユダヤ人文化センターとして、建築されました。メノラセンターには様々な施設があり、ホテル、コンサートホール、ギャラリー、レストラン、「ユダヤ人のホロコースト歴史博物館」などが併設されています。

建物はの大きさは32,000平方mでウクライナでも最大級の施設となっています!

毎日、沢山のイベントが開かれるので地元の人たちのコミュニティの場でもあります。建物の外観は階段のようになっていて、独特の雰囲気を醸し出しています。夜には施設の明かりがライトアップされているように見えるのでロマンチックですよ。

ドニプロに観光の際はまずはじめに、メノラセンターへ行き、ドニプロの町全体を眺めるのもオススメです!

2.救世主変貌大聖堂

出典: Adam Jones

救世主変容大聖堂は、ドニエプロペトロフスクで最も美しい大聖堂の一つです。 1837年に建設され、10月の革命が都市で最大となる前に建てられました。1830年に大聖堂は、当初の計画よりも小さい規模で建てられました。それでもドニプロの人たちにとって大聖堂は大切な信仰の場として愛されてきました。

しかし大聖堂は1930年に一部の参拝者により閉鎖に追い込まれます。その後、信仰とは無縁の博物館として大聖堂は残されました。1975年から1988年の間に地震と1888年の第二次世界大戦によって爆弾によって破壊。様々な過酷な歴史を持つ大聖堂ですが、現在は修復されドニプロの歴史を感じられる大切な遺産の一つとなっています!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ドニプロでおすすめの記事

    ドニプロの記事はまだありません。

ドニプロのアクセスランキング