1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ジブラルタル

ジブラルタル旅行へ行く前に確認するポイント

Gibraltar

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E9%AB%98%E6%9E%B6%E3%81%AE%E7%9C%BA%E3%82%81%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3-%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%81%BE%E3%81%99-gm521049240-91220809?st=31161cb

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称ジブラルタル
人口約3万人
首都ジブラルタル
国コードGI
言語英語
国番号(電話用)350
ジブラルタル発の航空券情報はこちら

ジブラルタルまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。ジブラルタルの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なジブラルタル旅行を楽しみましょう。


イベリア半島の南端付近にある南北に長い半島で、イギリスの海外領土になっています。北はスペインと境を接し、南はジブラルタル海峡を挟みモロッコに面しています。総面積は6.5km²と小さく、徒歩でも1日で一周することが可能です。

日本からジブラルタルへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便は運航されていません。ロンドンから空路、またはスペインから陸路を利用して入ることとなります。日本からスペインまでは15時間ほどかかります。

日本との時差

現在の日本とジブラルタルとの時差はマイナス8時間です。日本の方が、8時間進んでいます。サマータイムの時期は時差が7時間に縮まります。

ジブラルタルにおけるビザ・入国手続きについて

観光目的で短期間であれば、ビザは不要です。また、パスポートは帰国時まで有効であれば大丈夫です。なお、ビザやパスポート情報は予告なく変更されることがあるので、渡航の際はイギリス大使館や領事館に確認することをおすすめします。

ジブラルタルの気候について

ジブラルタルは年間を通して過ごしやすく、快適な気候といえます。冬の最高気温は11度から16度、夏は28度くらいまで上がります。また、地中海気候の影響により年間日照数が300日以上あります。

ジブラルタルの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 なし
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

ジブラルタルの通貨とチップ

画像の出典元: flickr.com

通貨について

ジブラルタルの通貨はジブラルタル・ポンドです。英ポンドと等価で、補助通貨はペニーです。紙幣は5、10、20、50、100ポンドの5種類、硬貨は1、2、5ポンドと1、2、5、10、20、50ペニーの9種類がジブラルタル政府によって発行されています。ジブラルタルでは英ポンドをそのまま使用することもできます。逆に、ジブラルタル・ポンドを英本土で使用することは理論的には可能ですが、まず受け付けてもらえません。

チップについて

レストランでは支払いの10%程度が目安となります。パブの飲み物には不要。ホテルやレストランでは、料金にサービス料が含まれていることもあるので、その場合は基本的に支払わなくても大丈夫です。

旅のお役立ち情報

ジブラルタルのコンセント形状はtype-b

ジブラルタルの電圧とコンセント

電圧は230~240Vで、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。プラグはBタイプ、B3タイプ、BFタイプが使われています。

77

ジブラルタルのネット環境

インターネットの通信速度は速く、ホテルなど、Wi-Fiが使える場所は数多く存在しています。

103

ジブラルタルの飲料水

水道水は硬水なので、日本の軟水とは異なります。飲料としては問題はないとされていますが、ミネラルウォーターの購入をおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

ジブラルタルの文化

ジブラルタルの文化は、イスラムとキリスト教双方の影響を受けています。スペインとイスラムにイギリスを加えた文化が街に反映されています。

ジブラルタルの宗教

ジブラルタルの主な宗教はキリスト教で、大多数はローマカトリック教会に属しています。

ジブラルタルのマナー

エスカレーターでは左側に立ち、右側を空け、列を作るときは一列にならびましょう。タクシーは手を横に出して停めます。

ジブラルタルの食文化

画像の出典元: istockphoto.com

レストランやカフェの他に、パブでも食事をとることができます。英国領のため、メニューはイギリスの伝統料理が多く、フィッシュ&チップスやサンドイッチなども定番となっています。ジブラルタルの郷土料理としてはホウレンソウのパイがあり、ランチやハイティーでよく食べられています。スペイン料理やイタリア料理、海を隔てたモロッコとイスラム文化の影響を受けた食事もできます。ヒヨコ豆の粉、水、オリーブ オイル、塩、コショウで作られた焼かれたパンは、庶民の味として親しまれているばかりでなく、レストランでも食べることができます。

ジブラルタルの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

ジブラルタルの主要観光地

一番の観光名所は半島の中央に屹立する岩山ジブラルタルロックです。ロープウェイで登る人が多いですが、ハイヤーや徒歩でもOK。山頂にはサルがおり、駐留している英軍によって保護されています。ザ・ロックの最南端は、ヨーロッパ・ポイントと呼ばれています。灯台からは、ジブラルタル海峡とアフリカ大陸、そしてスペインを望むことができます。

ジブラルタルの世界遺産

ジブラルタルに世界遺産は登録されていません

ジブラルタルのお土産について

ジブラルタルはフリーポートとなっており、お土産等は免税価格で購入できます。メインストリートにはタバコや香水、電化製品、貴金属や時計などのショップが軒を連ね、スペインからの買い物客でにぎわっています。名物は、ターリクの山に棲む野生のサルたちを模したグッズ。お店の閉店時間はだいたい18時と早いため、ショッピングをするなら遅くならないように注意しましょう。

ジブラルタル行き航空券利用者の声

羽田⇔ジブラルタル 20代女性

憧れのジブラルタル海峡を求めてジブラルタルへ。羽田発ロンドン経由ジブラルタル行きのブリティッシュエアウェイズの格安航空券を利用しました。ブリティッシュエアウェイズは、イギリスの航空会社なので安心でした。ロンドン・ヒースロー空港での乗り継ぎに多少の不安がありましたが、同じブリティッシュエアウェイズの乗り継ぎだったので、迷うことなく乗り継ぎすることができました。ロンドンでの乗り継ぎ時間が長かったのでホテルを予約して乗り継ぎ便までの間はホテルで休憩しました。10時間以上の乗り継ぎ時間がある場合は、ホテルを予約するのが賢い方法だと思いました。ブリティッシュエアウェイズは、イメージ的なものかもしれませんが、しっかりとした感じがするフライトだったと思いました。きっとトリコロールカラーの機体やカチッとしたCAの制服のイメージがそう思わせたのかもしれません。ソツのないサービスは良かったと思います。機内食は、まあまあ美味しいと思いました。

成田⇔ジブラルタル 50代女性

ジブラルタルに住む娘に会うために格安航空券を探してジブラルタルまで出かけてきました。格安航空券は、インターネットで簡単に検索・予約することができるので使い勝手が良いと思います。今回は、ブリティッシュエアウェイズの格安航空券が見つかったのでそれを予約しました。ロンドンを1か所経由しましたが、経由が1か所だったし、ロンドンだったのでいいかなと思い予約しましたが、思ったより乗り継ぎ時間が長かったので利用する前は実感しませんでしたが、やはり乗り継ぎ時間が長いのはちょっときついと思いました。次回は乗り継ぎ時間も考慮して予約するべきだと思いました。さてブリティッシュエアウェイズは、快適な空の旅を楽しむことができたと思います。機内エンターテインメントも充実していたし、機内アメニティもよかったし、機内食も普通に美味しいと思いました。また成田発の便には日本人の客室乗務員が乗っていたので、やはり日本語が通じると思うと思わぬ安心感があるものだと思いました。ジブラルタルは、あまりメジャーな旅行先ではないかもしれませんが、見どころが結構あって、素晴らしい所だと思いました。

羽田⇔ジブラルタル 30代女性

ブリティッシュエアウェイズのビジネスクラスでジブラルタルに新婚旅行に行きました。せっかくの新婚旅行なので、ビジネスクラスで行こうと決めていました。(一生に一度のぜい沢だと思い)ネットで格安航空券を探して、ホテルもネットで予約しました。格安航空券は、ブリティッシュエアウェイズが安かったのでビジネスクラスの見積もりをしたら、ビジネスクラスも思っていた以上に安かったので予約することにしました。ビジネスクラスは、何と言っても座席がフラットになるので長いフライトの時はとても楽だと思いました。また各空港でもラウンジが利用できるし特典いっぱいという感じで大変気持ちよく利用することができました。機内食も本格的な料理で、レストランで出されるようなメニューが豪華でびっくりしました。ビジネスクラスは、料金ももちろん高いですが、ワンランク上のサービスが受けられることと旅の疲労度が軽減することを考えるとコスパが良いと思いました。毎回乗ることはできないかもしれないけれど、これからも長距離のフライトはビジネスクラスに乗れるようがんばろうと思いました。ビジネスクラスの格安航空券は結構穴場で安く予約できると思うので利用価値大だと思いました。

ジブラルタル旅行 よくあるFAQ

ジブラルタルの観光の良さは?

免税でショッピングできたり、イギリスのパブが立ち並んでいたりします。天気が良い日にはアフリカ大陸が見えます。

ジブラルタルの交通機関は?

バスやタクシー、鉄道、ロープウェイなどがあります。モロッコやスペイン行きのフェリーも運行しています。

機内に持ち込むことのできる手荷物は2つですか?

航空会社により規定が若干違います。あらかじめご利用航空会社へご確認ください。一般的には、小さいバック1個と機内持ち込み用キャリーバッグ1個ですが、重さの規定も違いますのでご注意ください。

乗り継ぎがあるのですが、乗り継ぎ地でスーツケースを受け取る必要があるのですか?

出発地から最終目的地まで通しでお荷物を預かるサービス(スルーチェックイン)がある航空会社もあるので、必ず乗り継ぎ地で航空会社預け荷物を受け取らなければいけないわけではありません。ご利用航空会社へお問い合わせください。