1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ジョージア

ジョージア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Georgia

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%9C%BA%E3%82%81-gm516032424-88784391?st=555893f

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称ジョージア共和国
人口約450万人
首都トビリシ
国コードGE
言語ジョージア語
国番号(電話用)995
ジョージア発の航空券情報はこちら

ジョージアまでは飛行機でおよそ14~18時間で行くことができます。ジョージアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なジョージア旅行を楽しみましょう。


ジョージアは東ヨーロッパに位置し、西は黒海に面した国です。近隣国はロシア、アゼルバイジャン、トルコ、そしてアルメニアです。2015年4月以降日本では呼び名がグルジアからジョージアへ変更されました。西部のアブハジア自治州や中部の南オセチア自治州との間で長らく紛争が続いていて、現在両州はほぼ独立状態となっています。

ジョージア行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (大阪国際空港(伊丹))発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 名古屋 (中部国際空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からジョージアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便はなく、ジョージア周辺国から経由便での入国となります。モスクワやイスタンブール、ドバイなどを経由するルートがおすすめです。待ち時間を除いたフライト時間は、およそ13~15時間ほどになります。

日本との時差

日本との時差はマイナス5時間になります。日本が正午の時に、ジョージアは午前7時です。サマータイムは実施されていません。

ジョージアにおけるビザ・入国手続きについて

日本国籍をもっていて観光目的であれば、滞在期間360日までビザは不要です。パスポートの残存有効期限は入国時に6カ月以上あり、帰国時まで有効である必要があります。入国審査ではパスポートを提示して、入国スタンプを押印してもらいましょう。なお、ビザやパスポート情報は突然変更されている場合があるので、大使館や領事館、旅行会社などで事前に確認することをオススメします。加えて、南オセチアやアブハジアおよびその周辺、ならびにロシアとの国境周辺には「退避勧告」が出されています。どのような目的であっても渡航・滞在は見合わせるようにしましょう。

ジョージアの気候について

東ジョージアと西ジョージアで気候が異なります。国全体では基本的に温暖な気候で7月、8月は35度以上を記録することが多く、時には40度を超える日もあります。東ジョージアは山岳地帯が多く乾燥しており、夏は30~35度程度まで上がる一方、冬は氷点下になることがあります。他方で西ジョージアは黒海に面しており、多湿で降水量も多いのが特徴。気温は夏が30度前後、冬は10度前後で比較的過ごしやすい気候といえるでしょう。

ジョージアの免税について

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 18%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

ジョージアの通貨とチップ

画像の出典元: commons.wikimedia.org

通貨について

通貨はラリ、補助通貨はテトリです(100テトリ=1ラリ)。紙幣は1、2、5、10、20、50、100、200ラリ。硬貨は1、2、5、10、20、50テトリそして1、2ラリがあります。

チップについて

以前は不要でしたが、現在はチップが必要となっています。ホテルの料金にサービス料が入っていない場合は10%程度と枕元に1USドル程度。レストランではサービス料込ではない場合は10~15%程度、タクシーは料金の10%ほどが目安です。また、一部の有料トイレについては1USドル程度がよいでしょう。

旅のお役立ち情報

ジョージアのコンセント形状はtype-e

ジョージアの電圧とコンセント

ジョージアの電圧は220V 50Hzで、日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。コンセントタイプはCタイプとSEタイプ、先端が丸く2本のものです。

77

ジョージアのネット環境

街中にはインターネットカフェがありますが、インターネット回線が遅く料金は1時間1~2リラ程度かかります。また、ほとんどのホテルでWi-Fiが利用できるようですが、回線速度に関してはあまり期待しない方がいいでしょう。なお、現地のパソコンもすべてロシア語表示で、この場合日本語表示にはできないので注意してください。

103

ジョージアの飲料水

水道水はなるべく飲用せず、ミネラルウォーターを購入した方がいいでしょう。ミネラルウォーターは炭酸入りと炭酸なしがあります。

文化・宗教・マナーについて

ジョージアの文化

ジョージアの人たちは観光客を大いに歓迎しており、手厚くもてなします。宴会の席でも頻繁に乾杯をします。お酒の場には細かなルールが存在しますが、タマダと呼ばれる日本でいう幹事的な人の言うことに従っていれば問題はないでしょう。

ジョージアの宗教

キリスト教を国教として、その中でもジョージア正教を主体としています。他にはアルメニア、ロシア正教、イスラム教などがあります。

ジョージアのマナー

教会など、宗教関連施設での写真撮影は禁止とされています。尚、一部の教会では女性の髪の毛は隠すほうがいいので、帽子やスカーフで覆ったりして対応しましょう。教会によってはスカーフを貸し出しているところもあるので要確認。

ジョージアの食文化

画像の出典元: istockphoto.com

ジョージアではコリアンダー等の香辛料、チーズやヨーグルトなどの乳製品、羊などを使った肉料理が人気です。伝統料理はハチャプリと呼ばれるパンにチーズが入っているピザのような食べ物で、地域によって中身が違うのが特徴です。また、ジョージアはなんといってもワインです。東ジョージアは温暖な気候から上質なブドウが栽培され、品の高いワインが作られています。

ジョージアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

ジョージアの主要観光地

渓谷の首都トビリシは、周囲のナリカラ要塞やメテヒ教会、ムタツミンダ山などの上からの眺める街の景色が美しくおすすめです。ジョージア国内には、旧首都で世界遺産の古都ムツヘタや、ロシア帝国が切り開いたジョージア軍用道路などの観光名所があります。軍用道路沿いにあるアナヌリ教会は、城壁に囲まれた侘しさを感じさせる古い教会です。また、ワインの製造方法が無形文化遺産として世界遺産に登録されているため、国内各所のワイナリー見学も人気です。

ジョージアの世界遺産

ジョージアには世界遺産が3件あります。そのうち、「ムツヘタの文化財群」と「アッパー・スヴァネティ、バグラティ大聖堂とゲラティ修道院」の2つは危機遺産に指定されています。また、独特なジョージアワインの製造法が世界無形文化遺産に登録されています。

ジョージアのお土産について

ジョージアにはお土産として喜ばれる品が多く存在します。ジョージアワイン(キンズマラウリ)をはじめ、ミネラルウォーター(ボルジョミなど)やはちみつ、民芸品などが人気となっています。

ジョージア行き航空券利用者の声

成田⇔トビリシ 29歳女性

早目の夏休みを利用して、ジョージアへ一人旅の際利用させてもらいました。今回、利用した航空会社はLOTポーランド航空です。この航空会社に決めた理由は、乗継が1回で済む、ジョージア到着時刻が深夜ではない、全日空とマイル提携をしているという理由でした。キャンペーンか何かだったのでしょうか?自分が思っていた金額よりもかなり格安で航空券をとることが出来ラッキーでした。機内には日本人らしきCAさんは確認できませんでしたが、皆さん日本語が話せるようでした。座席の配列は(3・3・3)と、今まで乗ったことないニュータイプ。幸運にも利用した日は空いていたので3席を一人占めできました。機内食は2回と、おやつが配られました。味も量も私にはちょうど良かったです。おやつに配られたチョコウエハースがなんとも美味で、帰国便搭乗前、ワルシャワのスーパーでお土産に購入しました。ワルシャワでの乗継が往復とも8時間ほどあり、空港自体も小さいので市内観光できました。空港と市内へは電車やバスが走っていて30分ほどで移動できるので、乗継時間のおススメな過ごし方です。ワルシャワから、同じくLOTポーランド航空を利用してジョージアの首都トビリシへ。トビリシの空港からはタクシーの利用になりますが、物価が安いので問題なく利用できます。さて、ジョージア。とにかく、食事が噂通りに美味しかったです。どれを食べてもハズレなく、滞在中、何度か胃袋もう1つ欲しい!と思ったぐらい。私のおすすめはヒンカリです。ショウロンポウのように肉汁たっぷりで、この為に携帯していた醤油を垂らして食べました。どの料理も日本人の口に合うものばかりで、ジョージアがなぜメジャーな観光地にならないのが不思議なくらいです。

成田⇔トビリシ 27歳男性

時間が出来れば一人で色々な国を周っています。今回は、前回の旅先のドミトリーで知り合った方のおすすめジョージアへ行ってきました。日本からは直行便がないので、アエロフロート航空でモスクワ経由トビリシを目指しました。アエロフロートはなんとなく敬遠されがちなんですが、実はバックパッカーや格安ツアーの間では人気の航空会社というイメージがあります。というのも、いつ利用しても結構な人気ぶりで、ガラガラだったことを経験したことがありません。チェックインカウンターには、いつも列が出来ていますので、利用される際は早目の搭乗手続きがおすすめです。僕は、事前にオンラインチェックインで通路側を指定しておきました。成田からモスクワまでは約10時間。他の西欧の航空会社よりも短めなのが嬉しいです。お待ちかねの機内食は、僕は満点はつけれませんが、全体的にボリュームがしっかりあります。2回とも、かなりしっかりした食事内容の機内食です。ただ、離陸してから機内食まで結構時間がかかるという印象があります。必然的に2回の機内食の間隔が短いため、2回目の機内食を残されてる方もいらっしゃいました。モスクワでの乗継は6時間ほどありましたが、ロシアの入国にはビザが必要なので、入国して観光するということは出来ませんので注意してください。ジョージアのトリビシ到着は深夜2時。いくらなんでも深夜に街に出る勇気はないので、空港で夜が明けるまで仮眠しました。空港で両替を済ませ、夜が明けてからミニバスで市内へ移動しました。まず目指したのは評判のゲストハウスです。日本でジョージアの知名度は低いにも関わらず、なぜか必ず日本人が宿泊しているという宿です。この宿のシステムが変わっていて、食事付きでワイン飲み放題。ジョージアのゲストハウスのほとんどがこのシステムが一般的だとか。ホテルでは味わえない家庭料理を楽しめたり、色んな旅行の情報を教わることができたりと、かなり実りある滞在時間を過ごせました。バックパッカーの間でかなり評判のよい国ジョージア、納得です。

関空⇒トビリシ 32歳女性

夫婦で休暇を利用してジョージア旅行へ行ってきました。利用した航空会社はターキッシュエアラインズ。トルコの航空会社です。最近、色々と物騒なので中東の航空会社は人気がないのでしょうか?格安な値段の航空券に驚きを隠せませんでした。さて、ターキッシュエアラインズ、かなり充実した機内サービスに大満足です。まず、機内食ですが、機内食であることを忘れてしまうほどの美味しさでした。パンが温かいのはもちろんですが、お肉がパサパサ感ゼロでジューシー。エコノミーでこのクオリティには嬉しすぎます。また、機内のエンターテイメントの数の多さにもビックリ。日本語吹き替えの映画がたっぷり用意されていました。最新の映画はなかったように思いますが、時間をつぶしきれないほどのコンテンツの多さには大満足です。CAさんは愛想いいし、機内のトイレはいつ利用しても清潔でした。さて、ジョージアでの1番のおススメは軍用道路で、コーカス山脈からカズベキ山まで向かった景色です。乗り合いバスもあったのですが、私たちはタクシーを利用しました。所々写真タイムもはさみながらの移動でした。もし、ジョージアへ行かれる方にはおススメしたい場所です。タクシーの値段交渉も旅の楽しみの1つです。

ジョージア旅行 よくあるFAQ

ジョージアに渡航するのは危ないですか?

2017年現在、全域において十分注意が必要と勧告が出ています。渡航はなるべく見直しましょう。

ジョージアで有名な特産物は?

ジョージアはワインの発祥の地と言われており、ワインが現在も有名です。

機内に持ち込める荷物の制限を教えて下さい。

航空会社によって異なりますが、規定サイズ内の機内持ち込み1点、と身の回り品の持ち込みが可能です。また、合計の重さの規定もあります。詳しくは、ご利用になられる航空会社のホームページでご確認頂けます。

預けたスーツケースが出てきません。どうしたらいいでしょうか?

ロストバゲージの手続きが必要となります。お荷物と引き換えに受け取ったクレームタグを持って、お近くの航空会社の係員に声をかけて下さい。