French Blue 格安航空券情報

French Blue ロゴ

ブルーバード・カーゴ

Bluebird Cargo

ブルーバード・カーゴ

ブルーバード・カーゴの詳細情報

航空会社名 ブルーバード・カーゴ 主な主要路線

-

公式サイト http://www.bluebirdcargo.com/ チェックインカウンター

-

設立年 2000 主な就航都市 ベルギー(リエージュ)、ドイツ(ケルン、ライプツィヒ)、アイスランド(レイキャヴィーク)、アイルランド(ダブリン)、イタリア(ボローニャ、カターニア、ローマ)、スロベニア(リュブリャナ)、カナダ(モンクトン)、エストニア(タリン)
アライアンス

-

マイレージプログラム

-

ブルーバード・カーゴの感想・口コミ

French Blueの写真投稿

ico-campaign-titleブルーバード・カーゴの特徴

1アイスランドを拠点とする貨物輸送の専門会社

ブルーバード・カーゴは、アイスランドのレイキャヴィークを拠点とし2000年に設立。2001年より運営が開始されました。自国内のケプラヴィーク国際空港(KEF)を拠点空港とし、ハブ空港であるケルン・ボン空港(CGN)を焦点に、ヨーロッパ大陸と北米大陸の各国への貨物移動を担っています。アジアの主要都市とはエミレーツ航空との提携便などで繋がっていて、日本との間には東京(羽田・成田)と関西空港との間にそれぞれ毎日1便の定期便が運航されています。
保有機材の数は現時点では6機で、内訳はボーイング737-300が4機、ボーイング737-400が2機となっています。

2日本向けの生鮮魚介類の輸送などに特色あり

小規模ならではのきめ細かいサービスやスピーディーな処理が特長で、
(1)コンテナーなどのハンドリングにおけるハイレベルの設備やシステム。
(2)信頼度の高い定・低温輸送システム。
(3)AWS規格にのっとった受託荷物の配送システム
等に加え、従業員への徹底した教育・訓練に力を入れ、更なる付加価値の向上と効率化を図ろうと努めています。日本への輸出の6割が水産物や水産加工品であるという現実の中で、「定・低温輸送システム」による信頼度や「毎日1便」という恵まれた定期便の運航に支えられ、生鮮な魚介類の輸送分野などでその特色を遺憾なく発揮していると言えるでしょう。

【日本出発】2019/12 格安航空券
French Blueがおトク!来月の最安値を見つけよう!!

日本出発のFrench Blue

【日本出発】French Blue直行便が就航している空港はこちら。快適な空の旅をどうぞ

日本出発のFrench Blue直行便はありません。
他の航空会社はこちら