八重山観光フェリー サザンクィーン
格安フェリー予約

サザンクィーンのフェリーを予約する

八重山観光フェリーが運航する「サザンクイーン」は、沖縄県の石垣島を基点に八重山諸島の島々を結ぶ旅客船です。船の全長は26.08m、全幅4.49mで、最大速力40ノットのスピードで航行。1日の便数20便程度と最も多い石垣港と竹富港の間を、約15分でつなぎます。船内には最大90名まで乗船可能で、座席は6列に配置。窓越しに美しい景色を眺めながら、のんびりとした船旅を満喫できます。「サザンクイーン」に乗って八重山諸島の旅を計画するなら、インターネットを使った事前予約が便利。前もって旅行の計画を決めておけば、現地で困る心配もありません。

サザンクィーンの時刻表・ダイヤ

石垣島 石垣港発 竹富島 竹富港着
石垣島 石垣港発 竹富島 竹富港着 所要時間
7:30 7:45 15分 ※1 予約
8:00 8:15 15分 予約
8:30 8:45 15分 ※1 予約
9:00 9:15 15分 予約
9:30 9:45 15分 ※1 予約
10:00 10:15 15分 予約
10:30 10:45 15分 ※1 予約
11:00 11:15 15分 予約
11:30 11:45 15分 ※1 予約
12:30 12:45 15分 予約
13:00 13:15 15分 ※1※2 予約
13:30 13:45 15分 予約
14:00 14:15 15分 ※1※2 予約
14:30 14:45 15分 ※1 予約
15:00 15:15 15分 予約
15:30 15:45 15分 予約
16:00 16:15 15分 ※1 予約
16:30 16:45 15分 予約
17:00 17:15 15分 ※1 予約
17:30 17:45 15分 予約
18:00 18:15 15分 ※3 予約

船舶にぃぬふぁぶしちゅらさんサザンコーラルサザンキングサザンクロス5号ちゅらさん2サザンパラダイスサザンイーグル、サザンクイーンのいずれかの運航の場合がございます ※1 安栄観光船が運航 ※2 7月~9月のみ運航 ※3 4月~6月:八重山観光フェリーが運航    7月~9月:安栄観光船が運航

竹富島 竹富港発 石垣島 石垣港着
竹富島 竹富港発 石垣島 石垣港着 所要時間
7:45 8:00 15分 ※1 予約
8:15 8:30 15分 予約
8:45 9:00 15分 ※1 予約
9:15 9:30 15分 予約
9:45 10:00 15分 ※1 予約
10:15 10:30 15分 予約
10:45 11:00 15分 ※1 予約
11:15 11:30 15分 予約
11:45 12:00 15分 ※1 予約
12:45 13:00 15分 予約
13:15 13:30 15分 ※1※2 予約
13:45 14:00 15分 予約
14:15 14:30 15分 ※1※2 予約
14:45 15:00 15分 ※1 予約
15:15 15:30 15分 予約
15:45 16:00 15分 予約
16:15 16:30 15分 ※1 予約
16:45 17:00 15分 予約
17:15 17:30 15分 ※1 予約
17:45 18:00 15分 予約
18:15 18:30 15分 ※3 予約

船舶にぃぬふぁぶし、ちゅらさん、サザンコーラル、サザンキング、サザンクロス5号、ちゅらさん2、サザンパラダイス、サザンイーグル、サザンクイーンのいずれかの運航の場合がございます ※1 安栄観光船が運航 ※2 7月~9月のみ運航 ※3 4月~6月:八重山観光フェリーが運航    7月~9月:安栄観光船が運航

サザンクィーンについて

サザンクィーンとは
老舗海運会社が運航する八重山諸島を結ぶフェリー

「サザンクイーン」を運航する八重山観光フェリーは、1971年創業の老舗企業。石垣島など八重山諸島の島々の足として、多くの人々を運んできました。現在、八重山観光フェリーは、「サザンクイーン」をはじめ旅客船9隻と貨客船2隻を所有。石垣島を発着点に、竹富島や黒島など八重山諸島の島々を結んでいます。航路は全部で6つあり、1日20便程度と最も便数の多い石垣島と竹富島を結ぶルートは、10分から15分程度で移動が可能。その他の島とも40分以内でつなぎます。

デッキから眺める美しい沖縄の海

世界的に評価の高い沖縄の海。なかでも、石垣島などがある八重山諸島の海は、沖縄でも指折りの美しさを誇ります。「サザンクイーン」の船内からは、透明度の高いエメラルドグリーンの海を独占。思わず見惚れてしまう美しい景色は、八重山諸島を旅する醍醐味と言ってもいいでしょう。また、船の後方部分には、ダイレクトに海の景色を眺められるデッキを設置。目の前にはさえぎるもののないパノラマを楽しむことができます。時間と共に変わる海の景色は、大切な思い出となるでしょう。

約10分という所要時間は貨物船の3分の1

石垣島から竹富島まで10分程度で向かえる「サザンクイーン」。貨客船だと約30分かかる航路を短時間でつなげることができるのは、最大速力40ノットの船の速さに理由があります。「サザンクイーン」には、高速での航行が可能な2基のサーフェイスを搭載。安全かつスピーディーに、2つの港を結ぶことができます。最大速力40ノットは、時速で換算すると時速約74km。颯爽と海の上を進む「サザンクイーン」の船旅は、開放感も満点です。

サザンクィーンの客室
前方座席
「サザンクイーン」の船内には、一列につき6席の座席が配されています。座席には背もたれがあり、身体を預けて過ごすことが可能。島めぐりの旅で疲れた方も、ゆっくりくつろげるでしょう。「サザンクイーン」には、観光客はもちろん地元の人も乗船します。隣り合った席の人同士、話が盛り上がることがあるかもしれませんね。
サザンクィーンのパブリックスペース
トイレ
トイレ

船旅を過ごすとき、どうしても気になるのがトイレの有無ですよね。「サザンクイーン」の客室内には、トイレがあるので安心してください。

サザンクィーンの船内での食事
朝食
朝食

「サザンクイーン」の船内には、食堂はありません。石垣港離島ターミナルの近くにコンビニがあるので、前もって食事を用意するといいですね。

昼食
昼食

昼食の用意がない「サザンクイーン」。石垣港離島ターミナルでは、ボリュームたっぷりのお弁当が販売されています。美しい景色を眺めながら食事を楽しむのも、船旅ならではの魅力です。

夕食
夕食

「サザンクイーン」内では、食事は提供されません。インターネットや雑誌などで、港周辺の食事処を調べておくのがおすすめ。現地でスムーズに行動することができますよ。

サザンクィーンの出発到着ターミナル

八重山観光フェリー 石垣ターミナル
八重山観光フェリー 石垣ターミナル

八重山観光フェリー 石垣ターミナルは、石垣島の南端にあります。新石垣空港から車やバスで約40分。近くにはコンビニやレストラン、ホテルなどの施設が集まる島の中心街に位置します。大きな平屋建てのターミナルは周辺にヤシの木が植えられ、屋根瓦も沖縄赤瓦で南国情緒たっぷり。カウンター式の食事処が4ヶ所、売店も4店舗営業しています。ターミナルには、石垣島出身のボクシング元世界チャンピオンの具志堅用高のブロンズ像もあります。

住所 沖縄県石垣市美崎町1
電話番号 0980-88-0822
特徴
  • WiFi
  • 休憩スペース
  • お食事
  • お土産
  • 連絡バス
八重山観光フェリー 石垣ターミナルの詳細ページへ
八重山観光フェリー 竹富ターミナル
八重山観光フェリー 竹富ターミナル

八重山観光フェリー 竹富ターミナルの小さな待合所の中には、竹富島で作られたハンドメイドの特産品や、名物の水牛車やグラスボート、貸自転車の案内所があります。八重山観光フェリー 竹富ターミナルには、「てぇどぅん かりゆし館」という愛称があります。「てぇどぅん」は竹富島の方言で竹富島のこと。「かりゆし」は「嘉例吉」と書いて、旅行者の海の安全を祈るという意味や縁起が良いという意味もあります。最近は沖縄風のアロハシャツのことを、かりゆしウェアと呼ぶこともあるそうですよ。

住所 沖縄県八重山郡竹富町竹富 竹富港
特徴
  • 休憩スペース
  • お土産
  • 連絡バス
八重山観光フェリー 竹富ターミナルの詳細ページへ

サザンクィーンのサービス

送迎サービス

「サザンクイーン」など、石垣島と八重山諸島の離島を結ぶ八重山観光フェリーでは、ホテルから船が発着する石垣島離島ターミナルまで無料送迎バスのサービスを行っています。無料送迎バスは1日4便程度運航していて、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートやロイヤルマリンパレス石垣島など、主要なホテルから乗車可能。ホテルからターミナルまでは30分ほどで到着することが可能です。なおバスのコースは、西回りコースと東回りコースが用意。どちらのコースに乗れば早く目的地までたどり着けるか、前もって確認しておくとよいですね。

ペット

「サザンクイーン」など、八重山観光フェリーの船は、犬や猫などのペットと一緒に乗船することができます。小型犬など膝の上で抱えられる程度の大きさなら、事前の連絡は不要。ケージを持参している方はケージ内に。ケージを持ってきていない方は、デッキ部分での滞在となります。ペット好きにはうれしいサービスですね。ただし大型犬などの場合は、前もって八重山観光フェリーに問合わせしておくとよいでしょう。また乗船率が高いときなどは、ペット同伴ができないケースもあるので、注意してください。

リクライニングシートの配色

八重山観光フェリーの船のうち、「サザンクイーン」と「サザンキング」は、同時期に造船されました。船の外観や構造、速度といったスペックはほぼ同じですが、大きな違いが一つあります。それは、リクライニングシートの配色。「サザンキング」は青を基調とした配色なのですが、「サザンクイーン」は女王の名にふさわしい朱色の配色が印象的です。往路は「サザンキング」で離島へ。そして復路は「サザンクイーン」で石垣島へ、など乗船する船を変えてみると、船内の違いを楽しむことができますね。